2012年11月29日

ちょっくら手術を受けてきます


以前よりお伝えしていました通り、明日の11月30日に偽関節の手術を受けます。本日より入院しますので、閑古鳥旅行社の更新(文化財、旅行記のいずれも)およびustream放送はしばらくお休みします。

退院時期は未定ですが、年内に帰って来れるよう手術後は安静に努めたいと思います。まぁ、現在も旅行以外は家に引きこもりがちな日々ですので、それが病院に変わるというだけではありますが。入院中はたまった本の消化とか、あとできれば旅行記の続きを書きためたいと思います。

先日ustreamで私がこれまで行ったところの紹介をさせていただきました。今回はやけに自分語りが多い放送となっておりますが、もしよろしければご覧ください。


Video streaming by Ustream

posted by きむら at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年11月14日

捻挫だと思っていたら骨折してました


今年の4月から7月にかけてフランスとスペインを歩いたサンティアゴ巡礼ですが、その終盤にヴィジャフランカという町の宿で足をケガしました。私はてっきり捻挫だと思い、痛いながらもそのままサンティアゴまで歩き通しました。

それから4ヶ月以上たった今でも痛みがまだ残っており(捻挫なら2ヶ月で完治するとの事です)、今更ながら病院に行って診てもらいました。その結果、なんと骨折している事が判明。しかも悪い事に、偽関節という骨折がくっつかないままに固定化されてしまった状態になっていました。これは骨折した際に安静にしていない場合になるそうで(まぁ、骨折した状態で長距離歩いたので)、治すには手術が必要との事。

その手術も骨折した部分の骨を削り、腰の骨盤から骨を取って移植するという結構大がかりなもの。入院期間も最短で2週間、長引けば1ヶ月半になるとの事で、かなり参っています。酔っ払って階段から落ちた挙句、誤った自己判断で巡礼を続けたその報いとはいえ、いやはや、大変な事になりました。

現在は日常生活にさほど支障がない程度の痛みではあるのですが、先日の黒部のように長距離歩くには負担が大きいですし、年を取ってから悪化して歩けなくなったりしてしまったらコトなので、手術を受ける事にしました。その日程は、10月29日に入院して翌日の30日に手術、それからしばらく病院生活が始まります。年が明けるまでに退院できると良いのですが……。

入院中はネットが使えないと思いますので、申し訳ありませんがその間は閑古鳥旅行社の更新、及びustream配信はできなくなります。ご了承ください。なお、巡礼中に骨折したその経緯につきましては、先日のustreamで報告させていただきました。私の愚行について興味がありましたらご覧いただければと思います。


Video streaming by Ustream
なお、次回のustream配信ですが、入院前の11月23日21:00〜に行う予定です。下記番組ページの右側にある「過去のライブ」では、これまでに配信した放送をご覧頂く事もできます。どうぞよろしくお願いします。
http://www.ustream.tv/channel/kankodori


posted by きむら at 10:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記

2012年10月30日

黒部峡谷(下ノ廊下、水平歩道)を踏破


先日、黒部峡谷に行ってきました。長野県の信濃大町からバスを乗り継いで黒部ダムに入り、そこから下ノ回廊(旧日電歩道)を歩いて黒部峡谷鉄道(トロッコ列車)の終着駅である欅平まで行きました。


言わずと知れた日本を代表する巨大土木建造物、黒部ダム。昭和31年着工、昭和38年完成と歴史もあります。私は初めて訪れたのですが、やはり凄いものですね。アーチが三次元的にねじれていて、なかなか興味深かったです。


下ノ廊下は黒部ダムから始まります。まずはダムの下に降りなければならないのですが、その入口はトンネル。トロリーバスの終着駅からさらに奥へ行って、そこから谷底に向かいます。


黒部峡谷は極めて傾斜のある険しい谷なので、道は岸壁を削って作られています。筋のように見える部分が道ですね。踏み外したら……大変な事になってしまう、そのような道です。


紅葉シーズンを狙って行ったので、人は結構多かった。去年は落石事故やがけ崩れなどもあって通行禁止になっていた為か、ヘルメットをかぶっている人も多くいました。


狙い通り、紅葉はなかなかのものでした。ただ、徐々に体力的な疲労(意外とアップダウンあるんですよ)と精神的な疲労(なにより落ちるのが怖い)により、徐々に紅葉を楽しむ余裕がなくなってくるんですけれども。


一部には雪も残っていました。黒部峡谷では8月くらいから9月中くらいにかけて雪が解け、11月にはまた雪が降り出すそうです。なので下ノ回廊を歩けるシーズンは晩夏から秋にかけてと限られています。


進むにつれ道は高くなり、落ちたらもうあの世までまっしぐらという状況です。私はさほど高所恐怖症というワケではないのですが、さすがに怖かった。だって、人がすれ違うのも難しいぐらいの道幅なのですもの。


下ノ廊下は仙人ダムで終わります。仙人ダムの管理施設内を歩いたり、なかなか面白い体験ができました。しかし私の体力は完全に尽きており(いわゆるガス切れの状況です)、ヘロヘロで山小屋の野営場に着いた時は真っ直ぐに歩く事も厳しい状態でした。


二日目は水平歩道と呼ばれる道を行きます。こちらもまた下ノ廊下と同じ、いやそれ以上に高い道を行きます。水平歩道と言う通り、崖に真っ直ぐ穿たれた道です。しかし、一日目で高さに慣れていたという事もあり、二日目は精神的には比較的楽でした。体力は相変わらずやばい状態ではありましたが。

きしむ体に鞭を打ちながら、なんとか欅平駅に到着。それからはトロッコ列車で富山に出て、高岡と金沢を観光してきました。


本当は黒部峡谷が終わったらすぐ帰るつもりだったのですが、なんだかんだで結構あっちこっち回り、結局家に帰ったのが出発から一週間後の10月26日でした。


今回の黒部峡谷旅行について、先日ustreamでも旅行報告を行いました。放送内容はアーカイブでご覧いただく事ができます。より多くの写真を含め、下ノ廊下についてより詳細な内容をお伝えしています。


Video streaming by Ustream
なお、次回のustream配信は11月9日21:00〜の予定です。
http://www.ustream.tv/channel/kankodori


posted by きむら at 20:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行