2015年01月13日

2015年の旅行計画


明けましておめでとうございます……とは、書いてはいけないのだろうか。当家はどうやら喪中のようで、まぁ、私は誰が亡くなったのか把握していないのだけれども、とりあえず家族は誰も年賀状を書いておりません。

とまぁ、長らく放置してきたこのブログ。今年こそは有効活用したいと思い立ち、新年一発目の記事として、今年の旅行計画を記しておこうかと。

【3月下旬:青春18切符で小旅行】

できれば愛知県、滋賀県あたりに行きたいかと。優先度低め。

【5月:長崎の教会めぐり+α】

去年の9月から10月にかけて行った九州旅行において、幣サイトの空白地帯であった九州を一通り埋めることができました。ただ長崎県だけは見どころがあまりに多すぎるため、限られた時間と予算では回り切ることが不可能と判断し、島原半島を周るだけに留めておりました。

長崎市には国宝である大浦天主堂をはじめ文化財が数多く、また長崎県を中心とする周辺地域には明治時代から昭和初期にかけての教会建築が数多く残されています。それらの教会建築や関連史跡は今月末に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」としてUNESCOの世界遺産に推薦され、来年の世界遺産審議会で世界遺産リストへの記載の可否が決定される予定です。

世界遺産の推薦に向けた保護担保措置の一環として、それらの教会建築を含む地域が続々と重要文化的景観に選定されました。重要文化的景観を扱っている幣サイトとしては是が非でも取材にいかねばなりません。

ただし、それらは長崎市や平戸市など比較的アクセスが容易な場所のみならず、五島列島などの島々に広く分布しており、じっくり腰を据えて挑まなければと思った次第。……というワケで、ゴールデンウィーク明けに長崎へ行くつもりです。

ついでに、今年の世界遺産審議会で審議される「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産で去年見に行けなかったところを周ろうかと(個人的に、「明治日本の〜」が「記載」となる可能性は「長崎の教会群〜」より低いと思っているのですが、端島(軍艦島)や三池炭鉱など、興味ある史跡が多いので)。

【9月〜10月:東北〜道南の文化財巡り】

まだ周れていない東北の町並みや文化的景観を取材に行こうと思っています。あと平泉も、2006年に行ったきり写真が古いままなので、再訪したいかと。

現在世界遺産リストへの記載を目指している「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成要素も見に、道南まで足を伸ばしたいところ。ニッカウヰスキーの余市蒸留所や、ネーミングが個人的に物凄く気になっているフゴッペ洞窟とかにも行きたいですな。

去年の中部旅行で十分時間を取れなかった佐渡島にも寄りたいので、まずは新潟、蛇行しながら北上して北海道に渡り、苫小牧からフェリーで帰ってくるって感じでしょうかね。

これらの他、山陰、四国、近畿とまだまだ行くべき場所が盛り沢山。少しずつ、塗り潰して行こうと思います。

posted by きむら at 13:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行

2013年09月29日

旅行情報サイト「たびねす」に寄稿はじめました


前回の記事からあれよあれよと言う間に10ヶ月。長い事ブログをほっとらかしにしていたのも、要はまぁ、アレです。記事にできるようなネタが皆無な生活を送ってきたというワケですな。単発で出かける事はあれど(主に取材で)、長期旅行には出る事ができず、家の中に籠ってただひたすらにキーボードを打つのみ。お陰で去年から体重が10kg増えました。いやぁ、ダメダメですね。

しかし、そんな淀み切った生活に終止符を打つ時がきました。去年の年末、左足首の偽関節(骨折のさらに悪いやつ)手術をやったワケですが、その際、骨折箇所を補強する為に金属のプレートを入れました。先週、ついにそのプレートを抜く手術が終わったのです。去年から続く骨折の縛めが解け、これでようやく完全復活ってモンです。

今後は活動的にどしどし頑張りたいと思う今日この頃ですが、その手始めとして旅行情報サイト「たびねす」に記事を寄稿しました。これまでもデイリーポータルZで記事を書かせて頂いておりましたが、ライターとしての活動の場をさらに広げようという試みですかね。

記念すべき第一弾は、栃木県足利市の鑁阿寺について書きました。「国宝になりたてホヤホヤ! 足利尊氏の故郷『鑁阿寺(ばんなじ)』を見に行こう!」という記事です。たびねすでは、よりライトな旅行ガイドという点を心掛けておりますので、軽くサクっとした歯触りの良いクリスピーな仕上がりになっているかと思います。ぜひぜひご覧いただければと思います(いや、ホント、お願いします!)。再来月くらいまでは、週一ペースでの旅行記事の寄稿を続けたいと思います。

それと、Ustreamの配信も相変わらず隔週で行っておりますので、併せてご覧いただければと思います。チャンネルはこちら「閑古鳥旅行社旅行報告」)。次回は10月11日(金)21時からの予定です。

【10月2日追記】

早くもたびねす記事第二弾が掲載されました「高さ100m以上の崖っぷちを歩く! 秘境『黒部峡谷 下ノ廊下』が魅せる究極の峡谷景観」。去年の10月中旬に歩いた「黒部峡谷下ノ廊下」について、たびねすにも書きました。やっぱり下ノ廊下は見た目のインパクトが強いですね(だから記事にしたのですが)。ぜひともご覧ください。

【10月4日追記】

またまた寄稿しました。たびねす記事第三弾です「 日本一美しい渓流! 『奥入瀬渓流』を100%楽しむならば、やっぱりベストは紅葉シーズン!!」。なんだか怒涛の勢いな感じですが、この記事は来週掲載のつもりで書いた記事なので、来週の寄稿はありません(たぶん)。

【10月22日追記】

というワケで、たびねす記事第四弾「白い岩肌と木々の色彩が織り成す渓谷美!山梨県『御嶽昇仙峡』の絶景紅葉」を書きました。今が旬の紅葉の記事ばかり書いています。

以降も定期的に記事を書いていますので、詳しくは「書いた記事一覧」をご覧ください。


posted by きむら at 20:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記

2012年12月27日

なんとか退院できました


11月29日より偽関節手術の為入院しておりましたが、先日無事退院しました。本来ならば1月上旬が退院予定日だったのですが、できれば年内に退院したいと主治医の先生に申し出たら、意外にも相当早目の退院となりました。

手術後の経過もよろしいようで、だからこそ早目に退院できたと思うのですが、まぁ、完治しているワケではないので、当面は家でおとなしくしている事にします。松葉杖生活もまだまだ続きますし。春ごろにはまたどこか旅行に行きたいですね。

というワケで、入院の間休止しておりました閑古鳥旅行社の更新もぼちぼち再開したいと思います。年町年始は書き残した文化財関連を中心に、そちらが片付いたらサンティアゴ巡礼のスペイン編を書きます。フランス編の加筆修正もするかも。

また、明日12月28日の21時からustreamで退院報告をやろうと思います。手術と入院生活について、かかった費用など割と生々しい事も包み隠さず公表したいと思います。特に高額療養費制度の使い方など、もしもの時にご参考になるのではないかと思います。

ustreamのチャンネルは
http://www.ustream.tv/channel/kankodori
になります。よろしければご覧ください。

【追記(2012年12月28日)】

ustream終了しました。放送内容はアーカイブでご覧いただく事ができます。次回は1月11日(金)21:00〜の予定です。なにとぞよろしくお願いいたします。


Video streaming by Ustream

posted by きむら at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記