2018年04月18日

2018年「新指定国宝・重要文化財」展


 毎年恒例、前年度に国宝や重要文化財になった品々が東京国立博物館に集結する新指定展が4月17日より始まりましたので、上野まで足を運んでみました。特別展ではありませんので、チケットは常設展用(620円)のでOK。



 今年の新指定展は本館8室と11室に展示が分かれています。本館入ってすぐ右手の11室には仏像の類が、それ以外は二階西側の8室といった具合です。結構離れた位置にあるので、常設展と併せてゆっくり周るのが良いでしょう。



 東博の常設展は写真撮影OKなものが多いのですが、新指定展においては全て撮影NGなので気を付けましょう。係の人がかなり厳しく目を光らせており、事情を知らない外国人が他の部屋と同じように写真を撮ろうとして注意される光景を何度も見ました。カメラを持ってる場合はレンズキャップをはめておいた方が良いでしょう。

 気になるのはやはり5件の新指定国宝です。そのうち興福寺の四天王立像は残念ながらパネル展示でしたので、実物を拝観できるのは4件です。

 11室の最奥に堂々と立っているのは、三十三間堂こと蓮華王院本堂の「木造千手観音立像」。国宝になった1001躯のうち、湛慶作のものを中心に3躯が展示されています。以前に三十三間堂で見た時は密集している為か一体一体がもっと小さい印象でしたが、実際に目の当たりにしてみるとこれが意外なほど大きな像。これが1001躯も林立しているのですから凄まじいものです。

 残りの国宝3件はすべて二階の8室に展示されています。「紙本著色日月四季山水図」は荒波や四季の山々に太陽と月が浮かぶ室町時代の屏風絵で、ダイナミックな画風に細やかな彩色が独特の迫力をもたらしています。「紺紙金字大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)」は世界に現存する最古の高麗写経で、南北朝時代以前に日本に伝来。美しい藍染の紺色紙に、これまた美しい金字の経文が記されています。

 個人的に最も見たかったのが、琵琶湖北岸の菅浦に伝わる「菅浦文書(千二百八十一通)」および「菅浦与大浦下庄堺絵図」です。菅浦は中世より独自の掟で自治を行ってきた集落で、「菅浦文書」はその中世から近世の記録……なのですが、展示は一枚だけで「ふーん」といった感じ。しかしながら、並んで展示してある「菅浦与大浦下庄堺絵図」は見た目に分かりやすく必見です。菅浦に隣接する大浦との境界争いの際に作られた絵図なのですが、肝心の集落よりも南に聳える竹生島が非常に大きく立派に描かれており、竹生島の管轄下にあった菅浦集落の実態がよく分かります。



 というワケで2018年新指定展、常設展と共に堪能してきました。改めて思うのが、たった620円で国宝や重文を含む膨大な量の文化財を見ることができる東京国立博物館は実に素晴らしい施設であるということ。新指定展は5月6日までやっていますので、ゴールデンウィークにでもぜひ足を運んでみてください。本館北側の庭園も5月20日まで開放されていますので、まさに東博を満喫するには今、ですな。

posted by きむら at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2018年04月15日

5月に長崎県へ旅行に出ます


 私の中の長期旅行欲が限界に達したので、5月7日から31日にかけて、仕事を休んで旅行に出ることにしました。主要目的は長崎県です。

 私は2014年にリトルカブ(原付)で九州を一周しましたが、その時は日程が押していたこともあり、長崎県は島原半島だけしか見ることができませんでした。というワケで、今回は平戸から五島列島、長崎市と余すことなく長崎県を堪能したいと思います。

 長崎県にはキリスト教伝来よりキリシタンが多く、長崎市に聳える元治2年(1865年)建造の大浦天主堂(国宝)はその象徴ともいえる存在です。それ以外にも長崎県には明治から昭和初期にかけて築かれた教会堂が数多く現存しており、そのうち文化財指定されているものを中心に見に行こうと思っています。

 ただ、これらの教会堂を含む集落は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産を目指しており、現在は訪問するのに事前予約が必要となっています。日程がかなり縛られてしまうので、スケジュール管理がなかなか大変な感じになりそう。5月の頭にあるであろうICOMOSの勧告によっては混雑も予想されます。とはいえGWは終わってますし、五島列島はそう手軽に行ける場所でもないので、私の旅行にはあまりが影響ないかもしれませんが(そうであることを祈りたい)。

 長崎市では大浦天主堂以外にも東山手・南山手の町並み、国宝建造物を持つ崇福寺、出島や端島(軍艦島)といった史跡も見に行きたいですね。その後は島原半島に再訪したいと思っています。くま屋の「とり弁当」を食べるのだ(参考記事→DPZ「島原半島の棚田と段畑が凄い、あとトリ弁当がうまい」)。余裕があれば最近重要文化的景観に選定された阿蘇地域にも行きたいなぁ。――と、地図を眺めながら今からワクワクしております。

posted by きむら at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年03月30日

焚火キャンプin田代運動公園


 先日、無料で焚火とキャンプが楽しめる神奈川県愛川町の田代運動公園に行ってきました。先月にも同じようなキャンプをしてきたので、これで二回目の利用となります。


ちょうど桜が満開で、平日にも関わらず多くのキャンパーがいました

 私の家があるのは神奈川県中央部の綾瀬市ですが、そこからカブで1時間強。温かな西風に幾度となくくしゃみを誘われながら(花粉症なもので)、宮ケ瀬ダムの少し下流に位置する田代運動公園に到着です。中津川の谷筋に位置する為か、ランダムに吹き付ける強風に翻弄されつつも何とかテントを設営。飛ばされないようにペグを石で強化してから買い出しに行きました。


薪はキャンプ場の近くにある「とくらや」で購入

 「とくらや」で売っている薪は、細目と太目の混合(370円)と、極太だけ(380円)の二種類があります。薪を購入するとオマケとして袋に詰めるだけの端材を貰えるので、焚き付けにはそれで十分です。私は今回370円のを4束買いましたが、もうあまり寒くないですし、ちょっと多すぎました。細い薪はあっという間に燃えつきて足すのが面倒ということもあり、370円のを1束、380円のを2束が最適解だった気がします。

 ちなみにとくらやは5月から10月は無休ですが、それ以外のオフシーズンは木曜日が定休日とのこと。実をいうと最初は3月15日(木)にキャンプを予定していただけに(天候やその他もろもろの事情で延期になったのですが)、危うく薪なしのキャンプとなるところでした。


愛川町の中心部にある「足立原商店」は生の白モツを扱っています
隣にはスーパーマルエツがあるので、肉以外の食料はそちらで購入

 白モツは豚の大腸を輪切りにしたもので、いわゆる「シロコロホルモン」として知られています。シロコロといえば厚木市が有名ですが、愛川町は厚木市の隣町ですし、その勢力圏内なのですな。


焚き付けもすっかり慣れたものです

 かつての大平宿では火を熾せず冷たい夕食に涙を飲んだ私ですが、先月と今月のキャンプで火起こしのスキルが大幅にアップ。前回は着火剤を使いましたが、今回は固く捩った新聞紙を火種に火を熾すことに成功! ……と大げさに書いてみたものの、キャンパーなら誰だってできることなのであまり自慢にはならんですな。ようやくスタートラインに立ったというだけ。


焚火で炭を燃やし、焼肉モードに突入

 白モツは焼くとコロっと丸くなり、なるほど、確かに「シロコロ」といった見た目に。皮が少しカリッと歯ごたえを感じる一方、脂身は柔らかでホワホワ。味噌ベースのタレと相まって、実に美味でございやす。ビールにもバッチリ合う。というか、もはやビールの為の食べ物といっても過言ではないでしょう。


カルビもとろけるうまさ

 「足立原商店」では白モツの他にもハツやカシラやタンなど様々な豚のモツを購入できるのですが、豚以外では唯一牛カルビを扱っています。これがまた柔らかくて実に美味。そんじょそこらの焼き肉屋ではかなわないうまさでした。まぁ、外ご飯補正もあるのでしょうが。


日が落ちると桜がライトアップされていました

 というワケで、今月も充実したキャンプを楽しむことができました。田代運動公園は無料キャンプ場として有名な一方、人が多いだけにゴミやらなんやらの投棄が少々目につきます。サイトがもの凄く固いのでペグが打ちにくく、また対岸には国道412号線が走っているので車の音も気になるところ。決して手放しにオススメできるキャンプ場ではないのですが、まぁ、無料かつ焚火が可というだけで非常にありがたい存在ですな。

 これから暖かくなるとさらに混雑すると思うので、私が利用するのは人の少ないオフシーズン中だけかな。とりあえずゴールデンウィークの前くらいに、もう一度だけシロコロを食べに行きたいと思います。


posted by きむら at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行