2019年11月01日

【文化審議会答申】重要文化財(建造物)の指定および重伝建の選定について


 うっかりもう先月になってしまいましたが、私が北陸を旅行していた最中の10月18日(金)に開催された文化審議会において、「重要文化財(建造物)の指定について」および「重要伝統的建造物群保存地区の選定について」の答申がありました。内容は以下の通りです。

【重要文化財】
・塩原家住宅 主屋、裏蔵、稲荷社、土地(群馬県前橋市)
・水準原点 原点、掩蓋(東京都千代田区)
・旧島津家本邸 本館、事務所(東京都品川区)
・神奈川県庁舎(神奈川県横浜市)
・金剛寺 五仏堂、薬師堂、閼伽井屋、護摩堂、法具蔵、求聞持堂、開山堂、宝蔵、経蔵、弁財天社本殿、八大龍王善女龍王社本殿、天照皇大神社本殿、築地塀(2所)、鎮守水分明神社本殿、鎮守丹生高野明神社本殿、鎮守社拝殿、鎮守社鐘楼、旧理趣院表門、旧真福院表門、南門、総門(大阪府河内長野市)
・徳善家住宅(徳島県三次市)

【重要文化財(追加指定)】
・喜多家住宅 作業場、酒蔵、前蔵、貯蔵庫(石川県野々市市)
・摩尼院 表門、築地塀(大阪府河内長野市)
・木村家住宅 隠居屋、土地(徳島県三次市)

【重要伝統的建造物群保存地区】
・たつの市龍野(兵庫県たつの市)
・南さつま市加世田麓(鹿児島県南さつま市)

 国会議事堂の前、憲政記念館の庭園にある「水準原点」が重文に。日本国土の標高を測った水準測量の原点です。お恥ずかしながら、国会議事堂の前にそのようなモノがあるとは知りませんでした。水準点は掩蓋に覆われており普段は見ることができませんが、年に一度測量の日あたりに一般公開があるらしいので、来年行ってみたいと思います。

 横浜三塔のうち「キングの塔」こと昭和3年(1928年)に建てられた神奈川県庁舎がついに重文に。鉄骨鉄筋コンクリートの近代建築に和風の装飾を施した、いわゆる帝冠様式の代表格です。同様の帝冠様式である愛知県庁舎や名古屋市庁舎、東京国立博物館本館は既に重文なので、ようやくかって感じです。


どっしりと威厳あるたたずまいの「神奈川県庁舎」

 大阪府河内長野市の大寺院「金剛寺」は金堂や御影堂、楼門など主要な堂宇は既に重文ですが、その脇を固める諸堂もまとめて重文になります。……っていうか、なぜか新指定扱いなんですよね、コレ。既指定のお堂はそれぞれ個別の重文指定だからでしょうか。改めて「金剛寺」のくくりでまとめて、追加指定扱いにすれば良いのにと思うのですが。なぜそうしないのか、謎だ。

 重伝建の新選定は薄口醤油の醸造で栄えた「龍野」と、薩摩藩の外城であった「加世田麓」。龍野は前々から動きがあったので、やっぱり来たかという感じですね。広島県の宮島も重伝建に向けて動いていたのでそろそろかと思ったのですが、こちらは今回じゃなかったみたいで。次回かな?

 次の文化財答申は、おそらく11月15日(金)の史跡等指定ですね。以前より動きがあった「勝沼のブドウ畑とワイナリー群」の重要文化的景観の選定はくるかな? 楽しみです。

posted by きむら at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2019年10月26日

秋の北海道&東北カブ旅行(後半)


 9月12日から28日にかけて行ってきた北海道&東北のカブで旅行では、北海道南部と東北の続100名城や文化財を見てきました。今回はその後半です。

 津軽半島を後してからは、青森県東部から岩手県にかけての旧南部藩領の城を見てきました。まずは七戸町にある七戸氏の居城であった「七戸城」。


本丸は神社二の丸は公園とよくある感じだが、東門から登る雰囲気が良い

 続いては南部町にある「聖寿寺館跡」。南部氏が室町時代から戦国時代にかけて本拠地としていた居館跡で、その背後には南部氏の菩提寺であった三光寺も存在します。


聖寿寺館跡は発掘の真っただ中のようでした

 三光寺の隣には覆屋で保護された重要文化財の「南部利康霊屋」があり、きらびやかな桃山様式の霊廟建築を堪能することができました(これは写真撮影禁止)。他にも三光寺には南部利直の霊屋や南部信直夫妻の墓所があるはずなのですが、三光寺とトラブルがあったのか境内が立ち入り禁止になっており、残念ながら見ることは叶わず。

 気を取り直して岩手県に入り、二戸市にある南部氏の有力家臣であった九戸氏の居城「九戸城跡」を見てきました。南部氏の跡継ぎ争いにて南部信直と対立した九戸政実が蜂起、籠城した城で続100名城に選ばれています。


九戸城は中世の曲輪も残るが、本丸などの中心部は近世の改築

 時の天下人であった豊臣秀吉が信直を後継者と認めたことから政実はそれに背く謀反者となり、豊臣家臣オールスターで兵を差し向けられます。しかし九戸城を落とすことはできず、結局は偽の和親という計略で降伏し、捉えられて斬首。城内にいた者は老若男女問わずなで斬りにされたといいます。

 城以外にも縄文遺跡や重文の古民家など、岩手県北部の文化財を堪能した後は西へと進み秋田県に入りました。鹿角市にある「大湯環状列石」にも相当久しぶりに立ち寄りました。


特別史跡に指定されている、二つのストーンサークルです

 そのままの勢いで日本海に出て一気に南下。男鹿半島の南岸にある「脇本城」に上りました。海沿いの断崖絶壁に曲輪が築かれている安東氏の中世山城で、続100名城。


海に突き出た岬を利用しており、物凄いロケーション

 続いては秋田市にある「秋田城」。城とはいっても武士が築いた中世・近世の城郭ではなく、大和朝廷が地方統治の拠点として築いた古代城柵です。最北の城柵ということで、日本海側における蝦夷対策の最前線だったことでしょう。渤海など大陸との交流もあったようです。ここも続100名城。


秋田城にはなんと水洗トイレがあり、再現されています

 水洗トイレは迎賓館のあった場所から発掘されたそうで、斜面に木樋が通されており、用を足した後に甕に溜めておいた水を流すことで汚物を湿地帯に落とす仕組みだったようです。凄いですね。

 秋田市からさらに日本海沿いを南下。その途中の象潟では九十九島と呼ばれる風景を見たりもしました。松尾芭蕉も訪れており、奥の細道で詠まれた最北の光景です。


かつては潟湖に島々が浮かんでいたが、江戸時代後期の地震で隆起したそう

 またその南の由利海岸には江戸時代に築かれた波除けの石垣が続いており、歴史ある風情を醸しています。


江戸時代に築かれた防波堤の「由利海岸波除石垣」

 そして山形県に入り、鶴岡市の続100名城「鶴ヶ岡城」へ。江戸時代に庄内藩の藩庁が置かれていた平城で、現在は本丸と二の丸の一部が残っています。


本丸には護国神社が鎮座している鶴ヶ岡城

 その西側の三の丸には藩主の酒井氏が築いた庭園が残っており、地域の古建築を移築した「致道博物館」として公開されています。入場料は800円と少々お高めですが、「旧鶴岡警察署」「旧西川郡役所」「渋谷家住宅」と三つの重要文化財が集まっており、また庭園は名勝指定。さらには重要有形民俗文化財も公開されており、かなり満足できました。


「旧鶴岡警察署」のベランダから見た致道博物館

 また東側の三の丸には藩校であった旧致道館があったのですが、訪れた水曜日は定休日で見ることができませんでした。この手の施設の定休日は火曜日が多いのですが、まさか水曜日とは。残念。

 どんどん南下して山形県を抜け、新潟県の村上市にある「村上城」へ。山の上に聳える中世山城ですが、江戸時代に近世城郭へと改築され、村上藩主の居城として使われていました。


山の頂上に壮大な石垣が連なる「村上城」も続100名城

 私は夕方近くに訪れたのですが、老若男女問わず結構な人数が登っており、地元の人々に親しまれているのだなぁと感じました。

 村上市からは東の山を越えて再び山形県に入り、米沢市へと抜けました。江戸時代に上杉家の居城であった「米沢城」もまた続100名城です。ただ、ここは以前にも来たことがある&上杉神社の参拝客が多すぎるので早々に辞去しました。


現在の米沢城は鶴ヶ岡城と同じような感じで、本丸に上杉神社が鎮座する

 米沢からはさらに東へ山を突っ切り、宮城県の白石市に出ました。仙台藩の支城として片倉氏が入った「白石城」は、天守代わりの三階櫓が史実をもとに木造で再建されています。ここも続100名城。


どうみても天守だけど、幕府に気を使って「大櫓」と称していたとのこと

 その後は南下して福島県に入り、途中で伊達市の史跡や重要文化財などを見ながらゆるゆると会津を目指しました。


明治初頭の築かれた儀洋風建築の「旧伊達郡役所」


伊達氏が最初に居城としていた「桑折西山城跡」


福島古民家園に移築されている、明治時代の芝居小屋「旧広瀬座」

 そして締めは会津本郷にある続100名城の「向羽黒山城」。蘆名氏が築いた中世山城で、山の頂上から尾根に掛けていくつもの曲輪が連なり、堀切や竪堀で防除しています。


あまりに壮大すぎる山城で、すべてを周ることはできなかった

 かなり大きな山を山頂から麓にかけて丸ごと使っているので複雑に入り組んでおり、また主要なところ以外は案内板などの整備があまりないので道が分かりにくく、遭難しそうだったので深入りできなかった感じですね。いや、ホント、凄まじく大きな山城でした。

 というワケで、だらだらと綴った感じで恐縮ですが、9月の北海道&東北旅行で見たもののご報告でした。次回は来週くらい、秋旅行の後半戦として10月に行ってきた北陸旅行の報告を更新する予定です。

posted by きむら at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2019年10月12日

秋の北海道&東北カブ旅行(前半)


 9月12日から28日にかけて、北海道と東北をカブで旅行してきました。茨城の大洗からフェリーで苫小牧へ渡り、道南と東北を南下して帰ってきた感じです。メインの目的は続100名城巡りですが、それ以外にもいろいろ見てきましたのでご報告を。

 私は4年前にも同じような旅行をしたのですが、その時に北海道のせたな町にある日本一危険な神社こと「太田山神社」に参拝しようとして断念しました。今回再挑戦し、なんとか本殿まで到達することに成功しました。


7mの岩壁を上った岩窟に鎮座する太田山神社本殿

 その様子をデイリーポータルZの記事として書きましたので、詳しくはそちらをご覧ください。→「日本一危険な神社に参拝した!〜太田山神社リベンジ

 他にも北海道では空知の「赤平炭鉱」や「夕張炭鉱」を見てきました。特に赤平炭鉱は竪坑施設がそのままに保存されており、一日二回のガイドツアーで見学することができます。これがとにかくインダストリアルで素晴らしかった。これもデイリー向けだと思うので、近いうち記事にしたいです。


聳える竪坑とトロッコレールがたまらない

 また縄文遺跡も積極的に周りました。縄文後期の「キウス周堤墓群」は初めての訪問でしたが、ドーナツ状に巡らされた周堤は迫力満点。ただ、遺跡の中心部を国道が貫いており、遺構も破壊されているのが気になりました。


巨大な周堤を持つ墓域であるが、一部は車道が貫通してしまっている

 縄文遺跡といえば南茅部にも多いのですが、その道の駅に併設されている縄文文化交流センターにも立ち寄りました。交流センターとか分かりにくい名前ですが、ここは立派な博物館で、国宝の中空土偶を見ることができます。


東博の新指定文化財展以来、久しぶりに再会した中空土偶くん

 10月からは長野に行くとのことで、ちょうど良いタイミングで見ることができました。ちなみに貸し出されている時はレプリカが展示されているそうです。

 今回の道南旅行は和人による蝦夷地入植の歴史を知る旅行でもありました。室町時代の享徳3年(1454年)に蝦夷地に渡った安東政季とその配下の武将が築いた道南十二館のうち、現存しており史跡に指定されている花沢館、大館、茂別館、志苔館の四城に立ち寄ることもできました(うち大館は登城路が分からなかったので遠望のみ)。


そのうち志苔館は続100名城に選ばれています

 長禄元年(1457年)にはアイヌが一斉蜂起したコシャマインの戦いが勃発。道南十二館のうち茂別館と花沢館を除く10の城が陥落して多くの和人が討ち取られたものの、花沢館にいた蠣崎(武田)信広の活躍によって撃退。その功績から信広は道南の支配者となります。


蠣崎信広が寛正3年(1462年)に築いた勝山館も続100名城

 後に蠣崎氏は松前へと拠点を移して松前氏となり、江戸時代には松前藩主として蝦夷地におけるアイヌとの交易を支配していました。

 また江戸幕府は仏教によるアイヌの教化政策も執っており、江戸時代後期の文化元年(1804年)には有珠の善光寺、様似の等樹院、厚岸の国泰寺を官寺に定め、仏教の浸透に努めました。


北海道では珍しい茅葺屋根の善光寺は国の史跡に指定されている

 幕末の嘉永7年(1854年)に日米和親条約が締結され、箱館が開港されると幕府は松前藩のみならず東北の諸藩に北方警備を命じます。そのうち南部藩が築いた三箇所の陣屋「モロラン陣屋跡」「ヲシャマンベ陣屋跡」「砂原陣屋跡」が国の史跡に指定されており、すべて周ることができました。


いずれも掘と土塁に囲まれた中に建物が並んでいた

 また松前藩も箱館の近くに日本初の西洋式城郭である戸切地陣屋を築いています。西洋式城郭といえば五稜郭が有名ですが、それよりも戸切地陣屋の方が早く築かれているんですよね。


想像よりも大規模で散策のし甲斐があった戸切地陣屋跡

 という感じで道南をざっくり周り、山間のキャンプ場だと朝の気温が一桁とかなり寒くなってきたので箱館からフェリーで青森へと渡りました。まずは続100名城に選ばれている青森市郊外の浪岡城へ。


中世に北畠氏が築いた平城で、二重掘が特徴的だ

 浪岡城の後は近くの史跡を巡りつつ津軽半島を北上。太宰治の生家である金木の斜陽館を訪れました。太宰の父親は大庄屋かつ貴族議員であり、とても個人宅とは思えない豪華すぎる造りで重要文化財に指定されています。戦前の日本において文学や芸術に興じれたのは、やっぱり金持ちの子弟ですよなぁ。


斜陽館は修学旅行の学生でごった返していました

 他にも津軽半島の史跡をいろいろ見てきました。旧石器時代から縄文時代草創期の遺物が発見された大平山元遺跡はまだ未整備。将来的には遺跡内の家を立ち退かせて史跡公園として整備するようです。


近くには出土品が展示している施設もあるが、朝早すぎて開いてなかった

 また有名な遮光器土偶が出土したことで知られる亀ヶ岡遺跡には4年ぶりに寄りましたが、史跡内の家屋がことごとく無くなっていて軽く衝撃を受けました。路肩には古い石仏が鎮座している歴史ある集落で、カッコ良い古民家もあったのですが……。


昔ながらの集落がまるごと消えたことに、割とショックを受けた

 ここを含め、今回私が訪れた縄文遺跡の多くは「北海道・北東北の縄文遺跡群」として世界遺産に推薦されることが決まっており、それに伴い各遺跡は史跡公園としての整備を急いでいるのだと思いますが……史跡整備のためなら昔からあるコミュニティを破壊しても良いものなのか。結局どの遺跡も同じような整備が行われ、どこも似たり寄ったりになってしまうのではないか。ちょっと考えさせられました。

 長くなるのでとりあえずはここまで。後半はまた後日に更新します。

posted by きむら at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行