2015年02月01日

横浜の住宅街、今もなお広大な境内を残す「称名寺」


先週、浦賀に行ってきましたが、その帰りに「称名寺」に寄ってみました。鎌倉時代、北条氏の一族である金沢北条氏が築いた寺院で、その書庫である「金沢文庫」は日本最古の私設図書館として有名です。

金沢北条氏の氏寺として鎌倉との関係が強い称名寺は「武家の古都・鎌倉」の構成資産の一つとして世界遺産に推薦されましたが、世界遺産委員会の諮問機関であるICOMOSよって「不記載」の勧告があったのはご承知の通り。私はこれまで鎌倉には何度も行きましたが、実は称名寺はまだ一度も訪れたことがなかったのです。お恥ずかしながら。

京急「金沢文庫駅」から徒歩約10分。住宅街の中をてくてく歩いて行くと、なかなか良い感じの四脚門と参道が。その奥には巨大な楼門が。想像していたよりも遥かに立派かつ広大で驚きました。


見事な浄土庭園が広がっています

写真だけ見ると「どんな山の中だよ!」という感じですが、実は山の谷戸を境内として利用しているだけで、この山の向こうは海だったりします。称名寺を取り囲む山々には自然が残っており、そこは横浜の市街地の中にポツンと取り残された、まさに聖域。


境内の奥、山の中腹には北条氏の墓所も

この山も含め、称名寺はその境内全域が国の史跡にしていされています。山からは水も湧き出しており、大都会とは思えない雰囲気にビックリ。


山に上がると、称名寺の異質性がよく分かる

谷戸を利用した地形といい、緑が残る山と住宅街のせめぎ合いといい、やはり鎌倉ににた雰囲気ですね。むしろ鎌倉の寺院より境内が広く、なおかつ無料ということもあってご近所の方々が散歩にくるような、のんびりと気さくな雰囲気でした。

「武家の古都・鎌倉」に称名寺を含める聞いて、最初は鎌倉市内でまとめるべきではないかとも思ったのですが、北条氏と歴史を共にしてきた称名寺は鎌倉と密接な関係がありますし、金沢文庫も知られてますし、なにより横浜の住宅街に囲まれながらも残った広大な境内。鎌倉を世界遺産に推薦するには切り離せないと認識を改めました。

残念ながら「武家の古都・鎌倉」は白紙になってしまいましたが、改めて「鎌倉の社寺と防衛施設群」(防衛施設は鎌倉の周囲を守る山々や切り通しのことです)などとして世界遺産の再推薦を目指して頂きたいものです。


posted by きむら at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年01月25日

浦賀の「中村三郎助まつり」に行ってきました、が……


毎年恒例、浦賀造船所跡で行われる「中島三郎助まつり」に行ってきました。……が、今年は少々残念なことが。

「中島三郎助って誰?」「どういう祭り?」という方は、去年この祭りの様子をデイリーポータルZの記事にしましたので、詳しくはこちらをご覧ください→「廃造船所で行われる、まつり

浦賀造船所には明治30年に築造された世界的にも貴重な煉瓦ドック(通称浦賀ドック)が残っています。「中島三郎助まつり」は浦賀造船所が開放される日であり、間近で浦賀ドックを見学できる大変ありがたいイベント、でした。


「中島三郎助まつり」の会場は機関工場

昭和初期に建てられた工場で、平成15年まで現役でした

機関工場に入ることができるだけでもありがたいイベントではあるのですが、やはり浦賀といえば浦賀ドック。煉瓦の赤と石の白のコントラストが美しい、あの壮大で麗美な構造物を間近で見たい。

会場に着くなり足早にドックへと向かったのですが、ドックの手前でロープが張られ、通せんぼ。なんと、今年はドック界隈の立入禁止とのこと。がーんですよ。まさに、がーん。私の去年の記事を見て今年行かれた方、本当に本当に本当に本当に申し訳ありませんでした。

去年までは立入禁止なんてことはなかっただけに(2007年の時なんかは、ガイドツアーでドック下まで下りることもできた)、なんで今年になって立入禁止にしたんだろう。ドック見学を目的に来る人も多かったと思うのに……。

考えられるのは安全確保の為、あるいはこのお祭りがドック見学会になることを避けようとしたのでしょうか。でも、それならそれで「ドック、見られません」とチラシなりサイトなりに明記して頂きたかった。

横須賀観光情報サイトにも開催場所として「旧浦賀ドック」とあるし、例年通りドックの見学ができると思っちゃいますよね。


しょうがないので、外壁越しにドックを見る

相変わらず、美しいドックである

ちなみに、外壁もドックと同じフランス積みの煉瓦造

第一級の産業遺産である浦賀ドック。「中島三郎助まつり」はその活用の場にふさわしいイベントだと思っていただけに、ちょっとショックでした。以前は「ドックを活用しよう!」という意気込みが感じられたものですが、そのムードもどこへやら。

安全確保、維持管理の費用などなど、様々な事情があるのだとは思いますが、浦賀ドックの今後の行く末が気になります。極めて身勝手な希望としましては、横浜の石積ドックなどと同様に重要文化財の指定を受けて保護が担保され、幅広く活用されるようになることを願います。


posted by きむら at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年01月13日

2015年の旅行計画


明けましておめでとうございます……とは、書いてはいけないのだろうか。当家はどうやら喪中のようで、まぁ、私は誰が亡くなったのか把握していないのだけれども、とりあえず家族は誰も年賀状を書いておりません。

とまぁ、長らく放置してきたこのブログ。今年こそは有効活用したいと思い立ち、新年一発目の記事として、今年の旅行計画を記しておこうかと。

【3月下旬:青春18切符で小旅行】

できれば愛知県、滋賀県あたりに行きたいかと。優先度低め。

【5月:長崎の教会めぐり+α】

去年の9月から10月にかけて行った九州旅行において、幣サイトの空白地帯であった九州を一通り埋めることができました。ただ長崎県だけは見どころがあまりに多すぎるため、限られた時間と予算では回り切ることが不可能と判断し、島原半島を周るだけに留めておりました。

長崎市には国宝である大浦天主堂をはじめ文化財が数多く、また長崎県を中心とする周辺地域には明治時代から昭和初期にかけての教会建築が数多く残されています。それらの教会建築や関連史跡は今月末に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」としてUNESCOの世界遺産に推薦され、来年の世界遺産審議会で世界遺産リストへの記載の可否が決定される予定です。

世界遺産の推薦に向けた保護担保措置の一環として、それらの教会建築を含む地域が続々と重要文化的景観に選定されました。重要文化的景観を扱っている幣サイトとしては是が非でも取材にいかねばなりません。

ただし、それらは長崎市や平戸市など比較的アクセスが容易な場所のみならず、五島列島などの島々に広く分布しており、じっくり腰を据えて挑まなければと思った次第。……というワケで、ゴールデンウィーク明けに長崎へ行くつもりです。

ついでに、今年の世界遺産審議会で審議される「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産で去年見に行けなかったところを周ろうかと(個人的に、「明治日本の〜」が「記載」となる可能性は「長崎の教会群〜」より低いと思っているのですが、端島(軍艦島)や三池炭鉱など、興味ある史跡が多いので)。

【9月〜10月:東北〜道南の文化財巡り】

まだ周れていない東北の町並みや文化的景観を取材に行こうと思っています。あと平泉も、2006年に行ったきり写真が古いままなので、再訪したいかと。

現在世界遺産リストへの記載を目指している「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成要素も見に、道南まで足を伸ばしたいところ。ニッカウヰスキーの余市蒸留所や、ネーミングが個人的に物凄く気になっているフゴッペ洞窟とかにも行きたいですな。

去年の中部旅行で十分時間を取れなかった佐渡島にも寄りたいので、まずは新潟、蛇行しながら北上して北海道に渡り、苫小牧からフェリーで帰ってくるって感じでしょうかね。

これらの他、山陰、四国、近畿とまだまだ行くべき場所が盛り沢山。少しずつ、塗り潰して行こうと思います。

posted by きむら at 13:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行