2016年12月18日

2016年ベトナム&カンボジア旅行


前回の投稿でしばらく旅行できないといっておいて舌の根も乾かないうちになんですが、2016年11月6日から10日にかけてベトナムとカンボジアに行ってきました。ベトナム航空主催のファムトリップ(旅行会社の営業や仕入れ担当者向けの研修旅行)にメディアとして同行したカタチです。久しぶりの海外ということもあって、かなりテンション上がりました。非日常を味わえる海外旅行はやっぱり良いものですね。

初日は成田を出発してベトナムのハノイに泊まり、二日目の午前は自由行動で午後にカンボジアのシェムリアップへ飛行機で移動。三日目はタイとの国境付近に位置する世界遺産のクメール寺院「プレアヴィヒア」を見学。四日目は自由行動、夕方のフライトでシェムリアップを発ち、ホーチミンで乗り継いで翌朝に成田着という三泊五日のスケジュールでした。

宿泊はいずれも五ツ星ホテル、食事もイイとこのレストランと、個人旅行ではなかなか味わいえないリッチな旅行で、役得とはいえなんとなく申し訳ない気分になったりならなかったり。ツアーの目玉であるプレアヴィヒアも秘境感溢れるロケーションが素晴らしく、まさに“最果ての地”という言葉がふさわしい遺跡でした。なかなかできない経験をさせてもらった感じです。

なお、今回の旅行で取材してきた内容は「たびねす」をはじめとする各種媒体に寄稿していきます。詳しくは以下のページをご覧ください(記事は順次追加予定です)。

【たびねす】
カンボジアの大地を見下ろす絶景の世界遺産「プレアヴィヒア寺院」
世界遺産アンコールに残る最初期の寺院群!カンボジア「ロリュオス遺跡群」
ゆったり静かに過ごすアンコール 〜 カンボジア「ソカ シェムリアップ リゾート」
ハノイの世界遺産「タンロン遺跡」〜まるっと楽しむ外周散策
フレンチコロニアルの一軒家レストラン「ワイルド・ライス」で味わうハノイグルメ
レイクビューの五ツ星「ハノイデウーホテル」は緑と水に満ちた都会のオアシス!

【デイリーポータルZ】
カンボジアの車窓から

ベトナムもカンボジアも実に10年以上ぶりの訪問なので、どのくらい変わったのかという点も楽しみにしていました。ベトナムは昔とあまり変わらない印象で、まるで魚群のようなバイクは相変わらずでしたが、自家用車を持つ人が増えたのか車の数が結構多くなったような気がします。しかしあのバイク軍団の中で車を運転するのは技術と度胸が必要そうだ。

一方でカンボジアは目に見えて変わっていました。特に道路状況は圧倒的に良くなったようです。13年前はシェムリアップとプノンペンを繋ぐ主要国道ですら赤土の未舗装路で、車が通る度に物凄い砂埃が舞い上がったものですが、今や国土北端という辺境の地にあるプレアヴィヒアまでの道路までもバッチリ舗装されていました。アンコール観光の拠点の町シェムリアップは現在も市域が拡大し続けており、町中の建物も立派でキレイなものへと刷新されていました。とはいえ、細かい所を見るとアラが目に付いたりと、まだまだ垢抜けない、カンボジアらしい一面も残っていて微笑ましいカンジ。


行きのフライトでは、照明が突然レインボーになってビックリ


ハノイで宿泊したホテルに隣接する公園の夕暮れ


ベトナムのスワンボートはなんだか目つきが悪くてファンキー


夜、ホテルに帰る際に見かけた良いカンジの風景

宿泊したホテルがあるハノイ西部には高層ビルが建てられていたりと、やはりベトナムもここ10年で発展しているのだと思います。ただ駅東部の旧市街エリアは相変わらずで、今もなアジアらしい雑多な町並みが広がっていて安心しました。日曜だったということもあり、人も多くて活気が凄かったです。


四日目はアンコール・ワットの日の出を見るツアーに参加した


江戸時代に日本人の武士が記した落書きも見学

残念ながら曇っていて日の出は見られませんでしたが、日本語ペラペラなガイドさん付きのツアーなので、アンコール・ワットについての話をいろいろ聞くことができました。アンコール・ワットといえば寛永9年(1632年)に平戸藩の武士「森本一房」が記した落書きも有名ですが、これがなかなかわかりにくい場所にある上、その大部分が墨で塗りつぶされているので個人旅行では見逃す確率が高いと思います。押さえるべき点はしっかり押さえてくれるのがツアー旅行のメリットですね。


アンコール・ワットの後はトゥクトゥクで遺跡巡り


アンコール遺跡群で最も古くに築かれた「ロリュオス遺跡群」を見て周った

本来の四日目のスケジュールは午前中がホテルインスペクションで午後が自由行動でしたが、私はメディアということもあり終日自由行動とさせていただきました。ホテル前に溜まっていたトゥクトゥクをチャーターして遺跡巡りです。トゥクトゥクといえばタイなどで活躍してる三輪タクシーですが、カンボジアのトゥクトゥクは二輪のバイクに無理やり座席をくっつけたようなもの。実にカンボジアらしいですね。

シェムリアップの郊外にあるロリュオス遺跡群を見た後は、市内に戻って昼食&寺院を見学。その後はアンコールの主だった遺跡を周ったのですが、欲張りすぎたためか少々くたびれました。13年前も遺跡巡りに張り切りすぎて高熱が出てしまいましたが、その頃からまったく成長していない自分に反省を促したい。

とまぁ、そんなこんなで無事帰国。あっという間の3泊5日でしたが、見所が豊富で実に濃厚な日々を過ごすことができました。前回の訪問から10年以上というこのタイミングでベトナム&カンボジアに再訪できたのも嬉しかったです。この旅行を契機に私の中のアジア熱が再燃しそうで……いかんいかん、今は黙々とお金を稼ぐのだ。


posted by きむら at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年05月09日

旅行計画の再検討


今年は春に長崎、秋に東北を旅行しようと計画を立てていましたが、パソコンの修理代やら税金やら思わぬ出費が続き、予算的に厳しくなってしまいました。不本意ながら、旅行計画の見直しを迫られることに。

とりあえず面前に迫ったGW後の春旅行ですが、予算的にも日程的にもかなりキツめです。10日間程しか割くことができず、長崎はおろか東北方面も難しい感じ。結局のところ、去年の春旅行と同じ、中部・北陸旅行になりそうです。

いつものように、交通手段はリトルカブで宿泊はキャンプ。いろいろ切り詰めてなんとかやりくりしようと思います。

出発はGWが終わった直後の11日にしようと思っていたのですが、なんだか来週の天気が芳しくないようなので、どうしようかなぁと考えているところ。いやはや、なんとも先行きが不安な感じですが、今回も全力で楽しんできたいと思います。


posted by きむら at 12:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2015年02月13日

大平宿の雪下ろしに参加してきました


長野県飯田市に大平宿という宿場町があります。かつては飯田と南木曾を結んでいた旧大平街道の休憩地として機能し、現在も江戸時代から明治時代にかけて建てられた古民家が数多く残っています。

昭和45年(1970年)の集団離村によって大平宿は廃村となりましたが、現在も「大平宿をのこす会」(以下「のこす会」)によって管理されており、一泊2000円で古民家に泊まることができる“宿泊できる廃村”なのです。

私はこれまで大平宿に三度訪れ、そのうち二回をデイリーポータルZの記事にしました(「廃村に泊まる」「熟練者といく廃村体験」)。個人的になかなか思い入れの深い場所です。

先日の2月7〜8日にかけて、のこす会によって大平宿の雪下ろしが実施されました。私もそれに参加してきましたので、ご報告まで。


冬季封鎖された大平への道路を開けて進む


車で行けるところまで行き、そこから歩く

旧大平街道にあたる県道8号線は1メートル以上雪が積もっており、冬季閉鎖。幸いにも前日に別の団体が除雪車を途中まで入れていたのでそこまでは車で行き、除雪されていない区間はスノーシューを履いて大平まで歩きました。


倒木も多く、電線も切れて大平は停電中


3時間足らずで大平に到着しました

道路の積雪はもちろんのこと、屋根の上には1メートルから2メートルほどの雪が積もっており、中には屋根の軒先が曲がっていたり、建具が歪んでしまっている家も。想像以上にえらいコトになっていました。


雪に埋もれる大平の家々


こんなツララ、初めて見たかも

昼食を食べてから雪下ろし。主屋の屋根は大黒柱によって支えられているので、強度的に弱い庇部分の雪を中心に下ろしました。


この雪が厚いし固い!

しかし、この雪が物凄く固いのです。積もった雪が自重で締って固まり、氷のバームクーヘンのようになっていました。プラスチックのスコップだと折れて役に立たない。

なかなかに大変な作業でしたが(雪国の人々の苦労が身に染みました)、古民家の屋根に登る体験なんてなかなかできないですし、とてもおもしろかったです。


雪下ろしの後の夕食と酒がうまいうまい

その日は大平に一泊し、翌日少し作業をしてから雪が降るなか下山しました。囲炉裏に座って思ったのですが、薪の火力ってホントに凄い。火の前に座っているだけで、濡れた服や軍手が湯気を立てながらあっという間に乾きました。ちらちら揺れる火を見るのもたのしいですね。

というワケで、大変だったけど楽しかった大平の雪下ろし。その詳しい模様はデイリーポータルZの記事にする予定です(2月24日掲載予定)。


posted by きむら at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行