2016年08月22日

近況と今後について


すっかり放置状態となっている当ブログですが、たまには更新しないといけませんな。というワケで、近況とこれからについて述べたいと思います。

まず、しばらく旅行はできません。少なくとも半年は完全に充電期間となります。

春の伊勢旅行でカメラの広角レンズが壊れてしまい、またザックやエアマットに穴があき、レインウェアや速乾性シャツもぼろぼろであるなど、全体的な装備の刷新が必要となりました。結構な入り用なのですが、ぶっちゃけ収入が少なくしかも不安定なのでなかなか厳しいものがあります。

そこで、安定した収入を得るべく7月から副業を始めました。夕方から夜にかけて某社で週五日働いています。残業代や休日手当も出る超ホワイトな企業なのですが(当たり前のことなのですが、そんな当たり前な会社にこれまで縁がなかったもので)、ただし休日はカレンダー通りではなく、また二日以上の連休はあまりありません。半年以上働けば有給が付くのですが、それまでは一泊二日旅行すら難しいかな、と(事前に申請すれば休むこともできるのですが、欠勤となると当然無給ですし、職場の信用を得るためにも指定通りの出勤を心がけようと)。

――という懐事情により当分旅行はお休みなのですが、当サイトとしてはひとまず四国遍路の旅行記をできるだけ早いペースで書きたいと思います。私が遍路をやったのは2011年ともう5年も前のことで、それをぐだぐだ引っ張るのはさすがにどうかと思うので。今年中……はちょっとムリかな? いや、本年度中にはケリをつけたいと思います。うん、それならなんとかなりそう。頑張ります。


posted by きむら at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年03月11日

VAIOのHDD交換にはリカバリディスクが絶対に必要、という話


現在、私が使用しているパソコンは、2012年の早春に買ったSONYのVAIO(VPCF237FJ/S)です。購入してちょうど3年、突然ハードディスクの読み書きが異常に遅くなり、実用に耐えられない状態になりました。そこでVAIOのハードディスクを自力で交換したのですが、ちょっとした問題が発生したのでご報告。

パソコンのハードディスクを交換したら、当然ながらOSをインストールしなければなりません。しかしVAIOの箱をひっくり返してみても、同梱ソフトはOfficeのみでWindowsが入っていないのです。説明書によると、「リカバリディスク」とやらを使ってWindowsと関連ソフトをインストールしなければならならないとのこと。しかしそのリカバリディスクは同梱されておらず、あらかじめ自分で作成しておく必要があったのです。

とりあえずハードディスクの読み書き速度が異常に遅い中(ベンチマークではシーケンスの読み込みで約60MB/秒でした)リカバリディスクの作成に取り掛かってみたのですが、案の定、DVD-Rに焼いている途中にエラーを吐いて停止。5回ほど挑戦してみましたが、いずれも最初のあたりで失敗。

しょうがないのでサポートデスクに電話してみると、リカバリディスクを有料(8000円)で送付することは可能とのこと。しかし申し込み用紙を書いて送らねばならず、しかも受け付けてから送付までに10日くらいかかるとおっしゃる。さらにはリカバリディスクを使っても治るとは限らないから、と修理に出すことを強く勧められる始末。ハードディスク交換の修理代見積もりは46000円。かかる時間は一週間。

さすがにパソコンを一週間使えないのはお話にならないので、自分で買ってきたWindows7をインストールしてみたのですが……どうも、ネットワーク・デバイスやUSBが認識されません。おかしいと思いデバイスマネージャを開いてみると、そこに並んでいたのは「不明なデバイス」と記された?マークの列。

なるほど、Windowsの標準ドライバじゃダメなのか。でもまぁ、ドライバくらい公式サイトからダウンロードできるだろう、と思いきや……サポートページには「工場出荷時にインストールされているドライバは非公開」という無慈悲な一文が。

要するに、VAIOのハードディスク交換にはリカバリディスクが必須なのです。自分で買ってきたOSでは、ネットワーク・デバイスをはじめ、ありとあらゆる機器が動作しないようにできているのです。VAIOユーザはSONYの手中でしか生きられないのです。

しょうがないので、リカバリディスク送付サービスから申請書をダウンロードし、一筆書いてFAXでSONYに送ってみると……その日のうちにクロネコから荷物受取通知が来た。あれ、申請書を受け付けてから10日かかるんじゃなかったの?!

結局、翌日の午前中にリカバリディスクが届き(支払いは代引き)、その日のうちにパソコンは復旧したのですが、なんか釈然としない感じです。たぶん、SONYとしては修理に出させたかったんじゃないかと。修理による収益がどれほどのものかは知りませんが、リカバリディスクの送付に時間がかかるとか嘘つかないでほしかった。

今回のハードディスク故障による出費は約25000円。そのうちWindow代の1万円は完全に無駄ですし、リカバリディスクもあらかじめ作っておけばDVD-R代のみで済んだので、割と無駄な金を使ったなぁという印象です。

結論! VAIOユーザはハードディスクが無事なうちにリカバリディスクを絶対作っておきましょう。面倒ではありますが、私のようにお金を無駄にしたくない方は是非。作り方は「VAIO Care」を起動し→「その他の機能」→「復元とリカバリー」→「リカバリーメディアの作成」を選び、そのまま進めるだけ。DVD-Rなら5枚。ブルーレイ-Rなら1枚が必要。いずれも映像用ではなくデータ用を使うこと。以上。


posted by きむら at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年09月29日

旅行情報サイト「たびねす」に寄稿はじめました


前回の記事からあれよあれよと言う間に10ヶ月。長い事ブログをほっとらかしにしていたのも、要はまぁ、アレです。記事にできるようなネタが皆無な生活を送ってきたというワケですな。単発で出かける事はあれど(主に取材で)、長期旅行には出る事ができず、家の中に籠ってただひたすらにキーボードを打つのみ。お陰で去年から体重が10kg増えました。いやぁ、ダメダメですね。

しかし、そんな淀み切った生活に終止符を打つ時がきました。去年の年末、左足首の偽関節(骨折のさらに悪いやつ)手術をやったワケですが、その際、骨折箇所を補強する為に金属のプレートを入れました。先週、ついにそのプレートを抜く手術が終わったのです。去年から続く骨折の縛めが解け、これでようやく完全復活ってモンです。

今後は活動的にどしどし頑張りたいと思う今日この頃ですが、その手始めとして旅行情報サイト「たびねす」に記事を寄稿しました。これまでもデイリーポータルZで記事を書かせて頂いておりましたが、ライターとしての活動の場をさらに広げようという試みですかね。

記念すべき第一弾は、栃木県足利市の鑁阿寺について書きました。「国宝になりたてホヤホヤ! 足利尊氏の故郷『鑁阿寺(ばんなじ)』を見に行こう!」という記事です。たびねすでは、よりライトな旅行ガイドという点を心掛けておりますので、軽くサクっとした歯触りの良いクリスピーな仕上がりになっているかと思います。ぜひぜひご覧いただければと思います(いや、ホント、お願いします!)。再来月くらいまでは、週一ペースでの旅行記事の寄稿を続けたいと思います。

それと、Ustreamの配信も相変わらず隔週で行っておりますので、併せてご覧いただければと思います。チャンネルはこちら「閑古鳥旅行社旅行報告」)。次回は10月11日(金)21時からの予定です。

【10月2日追記】

早くもたびねす記事第二弾が掲載されました「高さ100m以上の崖っぷちを歩く! 秘境『黒部峡谷 下ノ廊下』が魅せる究極の峡谷景観」。去年の10月中旬に歩いた「黒部峡谷下ノ廊下」について、たびねすにも書きました。やっぱり下ノ廊下は見た目のインパクトが強いですね(だから記事にしたのですが)。ぜひともご覧ください。

【10月4日追記】

またまた寄稿しました。たびねす記事第三弾です「 日本一美しい渓流! 『奥入瀬渓流』を100%楽しむならば、やっぱりベストは紅葉シーズン!!」。なんだか怒涛の勢いな感じですが、この記事は来週掲載のつもりで書いた記事なので、来週の寄稿はありません(たぶん)。

【10月22日追記】

というワケで、たびねす記事第四弾「白い岩肌と木々の色彩が織り成す渓谷美!山梨県『御嶽昇仙峡』の絶景紅葉」を書きました。今が旬の紅葉の記事ばかり書いています。

以降も定期的に記事を書いていますので、詳しくは「書いた記事一覧」をご覧ください。


posted by きむら at 20:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記