2018年11月03日

コミックマーケット95に参加します


 2018年12月31日(月)の大晦日、「閑古鳥旅行社」として初めてコミケに参加します。会場は東京国際展示場 (東京ビッグサイト)、配置は「西地区"け"ブロック30a」です(→詳細図)。

 頒布物は世界遺産『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の全構成要素を網羅したガチ本(もう既にほぼ完成しており、あとは印刷所に入稿するだけの段階)と、高校時代に友達と二人で下関までママチャリで行った青臭い旅行記(こちらは作り始めたばかりの段階)の二冊を予定しています。

 前者は今年の5月に行った長崎旅行の集大成といえる本で、表紙を含めて76ページのボリュームとなりました。各構成資産についての詳しい情報や写真はもちろん、旅行についてのコラムも充実した内容となっています。この本を作るために初めてペンタブレットを購入し、地図を一枚一枚セコセコ書きました。頑張った!

 後者は私が18〜20歳ぐらいの時に書いた10日間の自転車旅行記を加筆修正したものです。私がインターネットを使いだして初めて作ったジオシティーズ(懐かしい!)の個人サイトに乗せていた文章で、当時は面白いと言ってくれる人もおり自信になりました。「私」と友達である「ケンちゃん」の二人の視点で書かれており(当時はやっていた電波少年の猿岩石日記に影響を受けているのかと)、なんていうか、色々と痛々しい部分が多い(笑)。そんな若者特有の青臭さを残しつつ、読むに堪えうる文章に仕上げたいと思います。

 年始に今年の目標として同人誌を作ることを挙げていましたが、いやはや、なんとか実現できそうですね。コミケ自体は15年くらい前に小説を寄稿した同人誌サークルの手伝いとして参加したことがあるのですが、自身のサークルでは初めての参加となります。今からドキドキです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

posted by きむら at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2018年02月17日

大平宿の窓口が変わったそうです


 “宿泊できる廃村”こと長野県飯田市の大平宿ですが、2017年3月16日より窓口が変わったとのことでご報告です(一年前でかなり今更ですが、恥ずかしながら最近になって知ったことでして……)。


昔ながらの古民家が建ち並ぶ「大平宿」、宿泊が可能な廃集落です

 以前は飯田市中心部にあるアルススポーツが大平宿の宿泊受付と鍵の貸し出しをしておりましたが、2016年9月11日に「大平宿をのこす会」が解散したことに伴い、現在は中央自動車道の飯田インターチェンジ前にある「JAみなみ信州りんごの里」内の「南信州観光公社」がその業務を執り行っています。

 宿泊料は一泊2000円+協力費300円と以前から変わっていませんが、聞いたところ薪が用意されなくなったとのことで、大平に上る前にあらかじめ調達しておかなければならないようです。またこれは個人的にヒジョーに残念なのですが、受け入れ人数が2名からとなっており、一人での利用が不可能となっています。

 私は2007年(もう10年以上前なんですね!)大平宿に一人で泊まり、その体験記としてデイリーポータルZに記事を書きました(→「廃村に泊まる」)。またこの記事がご縁で様々な方と知り合い、その後もたびたび大平宿についての記事を書いています(→「熟練者と行く廃村体験〜大平宿リベンジ〜」「雪に閉ざされた廃村で雪下ろしをしてきた」)。

 恐らく飯田市としては学生の体験学習や会社の研修旅行などの受け入れを拡大していきたいのでしょう。大平宿には少なからずの思い入れがあるだけに、今後、どうなっていくのかヒジョーに気になります。大平宿の貴重な家々を残していく為に、より良い方向へと進んでいってもらいたいと思います。


posted by きむら at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報