2021年05月23日

【文化審議会答申】重要文化財(建造物)の指定および重伝建の選定について


 5月21日(金)に開催された文化審議会において、「重要文化財(建造物)の指定について」および「重要伝統的建造物群保存地区の選定について」の答申がありました。内容は以下の通りです。

【重要文化財】
・木村産業研究所 1棟(青森県弘前市)
・代々木競技場 2棟 第一体育館、第二体育館(東京都渋谷区)
・御前埼灯台 1基、1棟 灯台、旧官舎(静岡県御前崎市)
・長命寺 2棟 三仏堂、護法権現社拝殿(滋賀県近江八幡市)
・第一大戸川橋梁 1基(滋賀県甲賀市)
・旧松坂屋大阪店 1棟(大阪府大阪市)
・旧西脇尋常高等学校 3棟 第一校舎、第二校舎、第三校舎(兵庫県西脇市)

【重要伝統的建造物群保存地区】
・南越前町今庄宿(福井県南条郡南越前町)
・若桜町若狭(鳥取県谷津軍若桜町)
・廿日市市宮島町(広島県廿日市市)

 モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエに師事した前川國男が、帰国後最初に築いた「木村産業研究所」が重文に。日本に現存する最古のモダニズム建築として建築史上重要な作品です。

 前川國男に続き、戦後を代表する建築家である丹下健三が手掛けた「代々木競技場 第一・第二体育館」も重文に。氏の作品としては「広島平和記念資料館」に続く2例目です。昭和39年(1964年)の東京オリンピックの際に築かれた大規模建築で、ワイヤーで天井を吊り下げて広大な空間を作り出しているのが特徴です。戦後期の日本建築における最高傑作と名高く、世界遺産を目指そうという動きもあるようです。

 去年「犬吠埼灯台」など明治初頭にお雇い外国人のリチャード・ブラントンによって設置された4基の灯台が重文になりましたが、今回もまた「御前埼灯台」が重文に。この流れは今後も続き、当初の姿をとどめるブラントン灯台の重文化が進められていくのでしょう。


現在は灯台としての役目を終え、内部の見学もできる「御前埼灯台」

 木造校舎が好きな身としては「旧西脇尋常高等学校」も気になります。昭和初期の木造校舎が3棟連結された貴重な校舎群で、現役で使用されている小学校の校舎としては愛媛県の「日土小学校 中校舎」、和歌山県の「旧高野口尋常高等小学校校舎」に次ぐ3例目です。

 重伝建の新選定は、北陸道の宿場町であった「南越前町今庄宿」、鬼ヶ城の城下町を起源とする山間の商家町「若桜町若狭」、厳島神社の門前町である「廿日市市宮島町」の3件。いずれも以前より選定に向けての動きが見られた地区ですが、中でも宮島町はかなり前から手続きが進められていたので、ようやくかといった印象です。


厳島神社を取り囲む「宮島町」のうち東町の「町家通り」


こちらは厳島神社から大聖院へと続く「西町」の町並み

 東町は海岸に沿って弓なりに続く路地に町家が並び、西町は厳島神社の附属寺院である大聖院や大願寺、社家などを中心に土塀や石垣が続く落ち着いたたたずまい。通りによって町並みの表情が異なるのが特徴的です。

 今回の重文指定は少なめですが、やはりコロナ禍の影響により調査に遅れが出ているとのことです。次の文化財答申は、例年通りであれば6月18日(金)に史跡等指定ですね。楽しみです。

posted by きむら at 19:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 文化財

2021年01月15日

【文化審議会答申】重要有形民俗文化財の指定等について


 2021年1月15日(金)に開催された文化審議会で「重要有形民俗文化財の指定等」の答申がありました。内容は以下の通りです。

《重要有形民俗文化財の指定》
・上尾の摘田・畑作用具【埼玉県上尾市】

《重要無形民俗文化財の指定》
・放生津八幡宮祭の曳山・築山行事【富山県射水市】
・寒水の掛踊 【岐阜県郡上市】
・阿波晩茶の製造技術【徳島県勝浦郡上勝町、那賀郡那賀町、海部郡美波町】
・対馬の盆踊【長崎県対馬市】
・野原八幡宮風流【熊本県荒尾市】

《登録有形民俗文化財の登録》
・高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料【和歌山県伊都郡高野町】
・鞆の鍛冶用具及び製品【広島県福山市】

《記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択》
・用瀬の流しびな 【鳥取県鳥取市用瀬町】
・松江のホーランエンヤ【島根県松江市】

 日本の稲作は種から育てた苗を水田に植える「植田(うえた)」が一般的ですが、かつては水田に直接種を蒔く直播き栽培も行われており、関東地方では「摘田(つみた)」と呼ばれていました。明治以降、農業技術の発展によって摘田は衰退しましたが、埼玉県の上尾市では遅くまで摘田が行われており、その農業用具が残っているとのことです。

 個人的に気になるのは山深い四国山地の村々に継承されている「阿波晩茶の製造技術」です。平成30年(2018年)に記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選ばれ、今回の答申で重要無形民俗文化財に格上げされました。茶葉を乳酸発酵させたお茶とのことで、酸味があって普通の緑茶とは全然違う独特の風味なのだそうです。今度四国に行ったら探してみよう。

 瀬戸内海の中央部、古代より潮待ちの港として賑わった鞆からは、船具の鍛造で培われた鍛冶用具と製品が登録有形民俗文化財に。明治以降は陸運の発展により廻船業は衰退しましたが、その鍛冶の技術は鉄鋼業へと受け継がれ近代における鞆の産業を支えていきました。


今もなお江戸時代の風情を残す鞆の浦

 他にも華やかな曳山や風流などが目を引きます。去年からの新型コロナウイルスの影響により、どれだけの伝統行事が中止になったのかという心配はありますが、昔から連綿と続いてきた数多の無形文化財、この困難を見事乗り越え、将来へと受け継がれていくことでしょう。

posted by きむら at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2021年01月10日

【文化審議会答申】史跡等の指定等について


 年をまたいでしまい物凄く今更な感じで恐縮ですが、11月20日(金)に開催された文化審議会において、「史跡等の指定等」の答申がありました。内容は以下の通りです。

《史跡》
・屋形遺跡【岩手県釜石市】
・赤井官衙遺跡群 赤井官衙遺跡 矢本横穴【宮城県東松島市】
・山居倉庫【山形県酒田市】
・鈴木遺跡【東京都小平市】
・鈴鹿関跡【三重県亀山市】
・舟木遺跡【兵庫県淡路市】
・湯浅党城館跡【和歌山県有田郡湯浅町・有田郡有田川町】
・樫野埼灯台及びエルトゥールル号遭難事件遺跡【和歌山県東牟婁郡串本町】
・下岡田官衙遺跡【広島県安芸郡府中町】
・久留米藩主有馬家墓所【福岡県久留米市】
・小部遺跡【大分県宇佐市】
・北谷城跡【沖縄県中頭郡北谷町】

《名勝》
・神仙郷【神奈川県足柄下郡箱根町】
・知恩院方丈庭園【京都府京都市】
・仁和寺御所庭園【京都府京都市】

《天然記念物》
・糸魚川市根知の糸魚川−静岡構造線【新潟県糸魚川市】
・溝ノ口洞穴【鹿児島県曽於市】
・伊平屋島のウバメガシ群落【沖縄県島尻郡伊平屋村】

《重要文化的景観》
・加賀海岸地域の海岸砂防林及び集落の文化的景観【石川県加賀市】
・越前海岸の水仙畑 下岬の文化的景観【福井県福井市】
・越前海岸の水仙畑 上岬の文化的景観【福井県丹生郡越前町】
・越前海岸の水仙畑 糠の文化的景観【福井県南条郡南越前町】
・瀬戸内海姫島の海村景観【大分県国東郡姫島村】

《史跡の追加指定及び名称変更》
・古市古墳群 古室山古墳 赤面山古墳 大鳥塚古墳 助太山古墳 鍋塚古墳 城山古墳 峯ヶ塚古墳 墓山古墳 野中古墳 応神天皇陵古墳外濠外堤 鉢塚古墳 はざみ山古墳 青山古墳 蕃所山古墳 稲荷塚古墳 東山古墳 割塚古墳 唐櫃山古墳 松川塚古墳 浄元寺山古墳 白 鳥陵古墳周 堤 仲姫命陵古墳周堤(白鳥陵古墳周堤・ 仲姫命陵古墳周堤【大阪府羽曳野市・藤井寺市】を加える)
・阿波遍路道 大日寺境内 地蔵寺境内 焼山寺境内 一宮道 常楽寺境内 恩山寺道 立江寺道 鶴林寺道 鶴林寺境内 太龍寺道 かも道 太龍寺境内 いわや道 平等寺道 雲辺寺道(常楽寺境内【徳島県徳島市】を加える)
・讃岐遍路道 曼荼羅寺道 善通寺境内 根来寺道 大窪寺道(大窪寺道【香川県さぬき市】を加える)
・伊予遍路道 観自在寺道 稲荷神社境内及び龍光寺境内 仏木寺道 明石寺境内 大寶寺道 岩屋寺道 横峰寺道 横峰寺境内 三角寺奥之院道(岩屋寺道【愛媛県上浮穴郡久万高原町】を加える)
・土佐遍路道 竹林寺道 禅師峰寺道 青龍寺道(竹林寺道・禅師峰寺道【高知県高知市】を加える)

《登録記念物(名勝地関係)》
・和泉市久保惣記念美術館茶室庭園【大阪府和泉市】
・嫁ケ島(蚊島)【島根県松江市】
・真玉海岸【大分県豊後高田市】
・津嘉山酒造所庭園【沖縄県名護市】
・ハナンダー(自然橋)【沖縄県島尻郡八重瀬町】

《登録記念物(動物,植物及び地質鉱物関係)》
・震生湖【神奈川県秦野市・足柄上郡中井町】

 最上川の河口に位置する山形県酒田市からは「山居倉庫」が国指定史跡に。明治26年(1893年)に築かれた坂田米穀取引所の附属倉庫で、庄内米の保管や取引に使われていた大規模施設です。現在も倉庫として現役であり、それらの倉庫群とケヤキ並木が連なる光景は酒田市を代表する景観として有名です。


酒田市のシンボルである、山居倉庫とケヤキ並木が連なる光景

 他にも、古代の律令国家において重視された三関のひとつ「鈴鹿関跡」や、トルコとの良好な国際交流の礎といえる「エルトゥールル号遭難事件遺跡」、米軍基地から返還された土地にある「北谷城跡」など、なかなかに興味深いものが多いです。

 重要文化的景観では「加賀海岸の砂防林」および「越前海岸の水仙畑」といった、冬に荒波が押し寄せる日本海沿岸の地域に根差した風景が新選定。特に「越前海岸の水仙畑」は3つの自治体にまたがっています。水仙のシーズンは12〜1月とまさにこの時期なのですが、さすがに冬の日本海沿岸は寒すぎてカブで取材に行くのはムリかなぁ。公共交通機関で周れるのだろうか。

 今回の答申では遍路道の追加指定がたくさんあって四国遍路に思い入れのある個人的には嬉しい限りです。まず、『阿波遍路道』に第14番札所の「常楽寺境内」が追加されました。阿波青石(緑色片岩)の岩盤上に堂宇が建っており、独特の風情を見せる札所です。


荒々しい岩盤が露出する常楽寺境内

 『土佐遍路道』には第31番札所竹林寺へ向かう「竹林寺道」および第32番禅師峰寺に向かう「禅師峰寺道」が追加。どちらも竹林寺がある五台山に残る古道です。そのうち「禅師峰寺道」は現在も多くの遍路が歩いていますが、「竹林寺道」の方は現在の遍路道とは外れているのでほとんど歩く人はいないと思われます。かつて五台山は独立した島でしたので、高知城下から船で西麓の吸江寺へと渡っていた遍路が使っていたルートのようです。


現在は歩く人が少ないものの、石段や石造物が良好に残る「竹林寺道」

 『伊予遍路道』には第45番札所の岩屋寺へと続く「岩屋寺道」が追加。第46番札所の大寶寺から畑野川地区へ抜ける遍路道の一部、および岩屋寺への難所として知られる八丁坂とその前後の遍路道、計約4.2kmが範囲です。

 『讃岐遍路道』には第88番札所の大窪寺へと続く旧遍路道の一部が「大窪寺道」として追加。県道3号線および国道377号線沿いに残る断片的な古道の6区間(計約1.5km)が対象です。私が歩き遍路をやった10年前は全く気付かなかった古道ですが、近年になって歩けるよう整備され、現在は道標も存在するようです。次に遍路をやる時にはぜひとも歩いてみたいですね。

posted by きむら at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財