2018年11月18日

史跡等の指定について


 2018年11月16日(金)に開催された文化審議会で「史跡等の指定等について」の答申がありました(→文化庁サイト)。内容は以下の通りです。

【史跡】
・チャシコツ岬上遺跡(北海道斜里郡斜里町)
・棚倉城跡(福島県東白川郡棚倉町)
・下寺尾西方遺跡(神奈川県茅ケ崎市)
・城の山古墳(新潟県胎内市)
・甲府城跡(山梨県甲府市)
・舟来山古墳群(岐阜県本巣市)
・勝山御殿跡(山口県下関市)
・高松藩主松平家墓所(香川県高松市・さぬき市)
・安徳台遺跡(福岡県那珂川市)

【名勝】
・旧益習館庭園(兵庫県洲本市)

【天然記念物】
・銅山峰のツガザクラ群落(愛媛県新居浜市)
・竹田市神原の大野川水系イワメ生息地(大分県竹田市)

【登録記念物】
・会津飯森山白虎隊士墳墓域(福島県会津若松市)
・丹藤氏庭園(旧三上氏庭園)(青森県弘前市)
・興禅寺庭園(看雲庭)(長野県木曽郡木曽町)

【重要文化的景観】
・宇和海狩浜の段畑と農漁村景観(愛媛県西予市)

 水田の耕作に適さなかった北海道では弥生時代以降も狩猟文化が続き、独自のアイヌ文化が発展していきましたが、それとは別に北海道北岸や樺太、千島列島などのオホーツク海沿岸地域では、海獣狩猟や漁業を中心とするオホーツク文化が発展しました。知床半島の付け根にある斜里町の「チャシコツ岬上遺跡」は、オホーツク文化の終末期を中心とする集落遺跡です。8〜9世紀に渡る31棟の竪穴や墓、捨て場などが密集しており、また古代律令国家の貨幣である神功開宝が出土するなど、周辺地域を介して日本本土との交易があったことが分かっています。アイヌの文化は知らないことが多くてとても興味深いです。

 神奈川県茅ケ崎市の「下寺尾西方遺跡」は弥生時代中期後半の環濠集落跡です。その環濠は東西約400m南北250mで58棟の竪穴住居が出土しており、南関東最大級の環濠集落となっています。私が住む神奈川県綾瀬市の弥生遺跡「神崎遺跡」の環濠は東西64m南北103mなので、いかに巨大な集落だったのかが分かりますね。ちなみに「下寺尾」という名称になんか覚えがあるなと思ったら、既指定史跡である「下寺尾官衙遺跡群」の範囲の大半と重複するとのこと。同じ範囲の遺跡が時代ごとに個別に史跡指定される例は、他にあるのでしょうか。相当なレアケースだと思われます。

 山梨県は甲府の駅前に広がる甲府城。関東に押し込めた徳川への抑えとして築かれた初期織豊系の平山城であり、江戸時代には逆に関東守りの要として幕府の直轄地となっていました。甲府のシンボルともいえる存在であり、櫓や門などが再建されています。っていうか、まだ史跡じゃなかったんだ。存在が不明確な天守再建の動きも一部あるようですが、今回の史跡指定によって立ち消えになるのでしょうね(国指定史跡での建物の再建は、その存在や形状を示す資料が必要なので)。

 また新指定ではありませんが、大阪府の百舌鳥古墳群と古市古墳群の追加指定が行われています。両古墳群は「百舌鳥・古市古墳群」として来年の世界遺産委員会で審議されるので、その保護措置をより完全にするものでしょう。それと追加指定では、四国四県の遍路道を毎回楽しみにしているのですが、残念ながら今回はありませんでした。「四国八十八箇所霊場と遍路道」も世界遺産を目指しているとのことですが、この史跡指定のペースでは推薦は当分先でしょうね。地道に少しずつ進めてもらいたいものです。

posted by きむら at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2018年10月30日

国宝・重要文化財(建造物)の指定について


 2018年10月19日(金)に開催された文化審議会で「国宝・重要文化財(建造物)の指定について」の答申がありました(→文化庁サイト)。内容は以下の通りです。

【国宝】
・玉陵(沖縄県那覇市)

【重要文化財】
・旧相馬家住宅(北海道函館市)
・大前神社 本殿、拝殿及び幣殿(栃木県真岡市)
・曹源寺栄螺堂(群馬県太田市)
・旧田中家住宅(埼玉県川口市)
・伊藤家住宅(新潟県糸魚川市)
・武知家住宅(徳島県名西郡石井町)
・有馬家霊屋(福岡県久留米市)
・旧田代家西洋館(佐賀県西松浦郡有田町)

【重要文化財(追加指定)】
・旧笹浪家住宅(北海道桧山郡上ノ国町)

 首里城に隣接する「玉陵(たまうどぅん)」が沖縄県初の国宝建造物に指定されます。1501年に築かれた石造の琉球王国の陵墓で、琉球式の破風墓として最古にして最大の例。独自の発展を遂げた琉球王国の建築と墓制を示す、極めて完成度の高い陵墓として評価されました。その敷地は国の史跡に指定されており、世界遺産『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の構成資産にも含まれています。


石造の陵墓である「玉陵」

 古さ、規模、質のいずれも国宝に足りうる存在ですが、正直なところ、答申時はかなり意外なところが来たと思いました。石造の陵墓ということで、建造物というよりモニュメント的な感覚で捉えていたのかもしれません。石造という点でも、陵墓という点でも、国宝建造物としては初めての指定です。

 近年は国宝建造物を持たない県の重要文化財が国宝に昇格されるケースが多いので、これもその流れの一環と言えるのでしょう。かつて首里城には正殿などの建造物が国宝(ただし文化財保護法制定前のいわゆる旧国宝)に指定されていましたが、太平洋戦争ですべて焼失してしまいました。玉陵は現存する琉球建築の代表例となり、それもまた国宝の指定に繋がったのかもしれません。

 17世紀末から宝永4年(1707年)にかけて築かれた「大前(おおさき)神社」の社殿は、極彩色の彫刻や地紋彫などで装飾されており、関東地方における装飾建築の先駆例として重要文化財に指定されます。これを皮切りに装飾建築が庶民へと普及し、国宝の「歓喜院聖天堂」で完成をみました。

 栄螺堂といえば会津若松のものが有名ですが、太田市にある曹源寺の本堂もまた同様の形式であり重要文化財に指定されます。堂内を螺旋状に上って下ることで観音巡礼ができる栄螺堂は庶民に人気を博したことから関東以北に多く建てられました。特に曹源寺のものは現存最古級かつ最大規模の例とのことです。

posted by きむら at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2018年06月18日

史跡等の指定等について


 2018年6月15日(金)に開催された文化審議会で「史跡等の指定等について」の答申がありました(→文化庁サイト)。内容は以下の通りです。

【史跡】
・長者山官衙遺跡及び常陸国海道跡
・簗瀬二子塚古墳
・新津油田金津鉱場跡
・宇治古墳群
・板東俘虜収容所跡
・朝倉須恵器窯跡 小隈窯跡 山隈窯跡
・筑豊炭田遺跡群 三井田川鉱業所伊田坑跡 目尾炭坑跡 旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所及び救護練習所模擬坑道
・下藤キリシタン墓地
・弁之御嶽

【名勝】
・白山公園
・宇治山
・中山仙境(夷谷)
・文殊耶馬

【天然記念物】
・養老川流域田淵の地磁気逆転地層

【登録記念物】
・絲原氏庭園

【重要文化的景観】
・伊庭内湖の農村景観
・北大東島の燐鉱山由来の文化的景観

 個人的に気になるのは「新津油田金津鉱場跡」。鉱山跡や炭鉱跡の史跡は多々ありますが、石油の油田跡は初めてですね。明治初期から平成8年(1996年)まで稼働していたとのことで、国内にも商用油田があることに驚きました。

 「板東俘虜収容所跡」は四国遍路の第一番札所である霊山寺の近くにあり、現在は公園となっています。立派な東屋があり、四国遍路の初日に野宿した思い出の場所です。収容所跡としての痕跡は地上部分にはあまりなかったように思いますが、今後は史跡公園として整備されたりするのでしょうか。

 遍路といえば、今回の答申で史跡「伊予遍路道」の追加指定もありました。高知県の宿毛から愛媛県最初の札所である観自在寺へと至る「松尾峠」のうち、県境から愛媛県側約1.5kmの範囲が「観自在道」として追加指定です。高知県側も測量等は同時にやってるでしょうし、近いうちに史跡「土佐遍路道」に追加されるのでしょう。

 「チバニアン」で話題になった「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」が天然記念物指定。地質には詳しくないのであまり良く分かってはいませんが、国際的な地質時代の名になるくらいなのだから貴重なものなのでしょう。

 重要文化的景観では沖縄初の「北大東島の燐鉱山由来の文化的景観」が選定されました。北大東島の燐鉱山が史跡に指定された時に、重要文化的景観も目指していると知ったのでそのうち来るとは思ってましたが、いやー、きちゃいましたか。沖縄の東の果て、北大東島まで行かねばならぬ理由ができてしまいました。……とりあえず旅費溜めますか。

posted by きむら at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財