2006年12月05日

便器の中に顔を見る-前編


今回、少々下品な写真が多数あります。
お食事中には読まないほうがいいかもしれません。



先日会社のトイレでちょっとした発見があった。仕事の合間、息抜きにと向かったトイレの中でそれを見つけた時、私はちょっとした感動を覚えた。まぁ、前置きはともかく実際にそれを見ていただくのが早いだろう。

トレの中に顔を見る-01
トイレで小用を足そうとしたところ……

トレの中に顔を見る-02
ん……

トレの中に顔を見る-03
あ、顔だ!便器の中に顔がある!しかも笑ってる!

お分かりになっただろうか、この小便器の中蓋に描かれた顔を。にっこり微笑んでいるその顔はなんだかかわいらしいように思える。妙に味があるのだ。

このような便器の中の顔は他の便器にもあるのだろうか。あるとしたら他にどんな顔があるのだろうか。便器の中の顔を求め、私は町へと飛び出した。



トレの中に顔を見る-04
午後の池袋東口

とにもかくにも、トイレを観察するにはトイレがなければ始まらない。とりあえず私は池袋の駅前にまでやってきた。ここならば、デパートやら公衆トイレやらなんやらで数多くのトイレがあるだろうと思ったからだ。池袋にしたのは特に意味は無い。ただ自分の家から近かったというだけのことである。

トレの中に顔を見る-05
それじゃ、早速行ってみよう!

まずは一番最初に目についたパ○コへ突入。

……してみたのはいいものの、どこにトイレがあるのか分からない。入った場所が悪かったのか、やたら入り組んでいてまるで迷路のようだ。明らかに怪しい風貌の男が、女性ものの洋服売り場を行ったりきたり。よくもまぁ、通報されなかったものだ。

パ○コ内をさまよい歩き、人をかき分け、いつの間にかたどり着いた四階。そこでようやくトイレを発見した。あぁ、疲れた。

トレの中に顔を見る-06
なかなかきれいなトイレ
早速そのお顔を拝見させていただきましょう


トレの中に顔を見る-07
アレ?会社と同じだナァ

これはこれでかわいくて和むのだが、全く同じというのもつまらない。この世にあまたの数ほどある小便器。その中蓋だって様々な意匠があっていいはずだ。いや、なければならないのだ。そんな個性の無い便器ばかりの世の中なんて――

やるせない思いを胸に、私は次のトイレへと向かった。



トレの中に顔を見る-08
パ○コに隣接するSBデパート

続いて私が入ったのは、パ○コに隣接しているSBデパート。それにしても、今日はなんか人が多い。年末だからだろうか。みんな浮かれすぎだ。

トレの中に顔を見る-09
紳士服フロアのトイレ

トレの中に顔を見る-10
これまた同じ……

しかもなんか目や口の周りが黒ずんでいる。でもまぁ、それが味といえば味なのかもしれないが。けど、やはり新手の顔を見てみたいという気もする。

そんなことを思ったその時だ。ふと後ろを振り返ると、そこには普通の便器より幾分小さな子供用の小便器があった。

トレの中に顔を見る-11
子供用の小便器。ふとその中を見ると……

トレの中に顔を見る-12
あ!なんかこれまでと違う!

それはこれまでとは違うタイプの中蓋だった。これまでは円形のものだったのに対し、これは前円後方型、なんかぜんぜん違う形の中蓋だ。しかし、よく見るとこれも人の顔のように見えてくる。鼻があり、目のあたりには複数の穴。まるでジェイソンのマスクのようではないか。おもしろいナァ。



posted by きむら at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | コネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32253170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック