2022年08月01日

【文化審議会答申】国宝・重要文化財(建造物)の指定について


 サイト・ブログともに更新が滞ってしまい申し訳ありません。今更な感じではありますが、5月20日(金)の文化審議会において、「国宝・重要文化財(建造物)の指定について」の答申がありました。内容は以下の通りです。

【重要文化財】
・中谷家住宅(石川県鳳珠郡能登町字黒川) 5棟 主屋、離れ座敷、土蔵、奉公人部屋及び東塀、正面門(石川県鳳珠郡能登町)
・洲さき 3棟 主屋、客間棟、土蔵(岐阜県高山市)
・清水灯台 1基(静岡県静岡市)
・小栗家住宅 12棟 主屋、書院及び茶室、北座敷、西誓院、隠宅及び竹の間、辰巳蔵、乾蔵、文庫蔵、新蔵、道具蔵、表門(愛知県半田市)
・菅島灯台 1基(三重県鳥羽市)
・十二社神社本殿 1棟(奈良県大和高田市)
・吉野神宮 26棟、3基 本殿、祝詞舎、楽舎(2棟)、裏門及び透塀、神庫、拝殿、廻廊(2棟)、内玉垣、神門、神符授与所、宿衛舎、摂社御影神社本殿、摂社船岡神社本殿、摂社瀧櫻神社本殿、摂社拝殿、東門、外玉垣、表手水舎、裏手水舎、修祓所、神饌所、井戸屋形、制札屋形、大鳥居、裏鳥居、参集殿(奈良県吉野郡吉野町)
・耶馬渓橋 1基(大分県中津市)

【国宝(追加指定)】
・薬師寺東塔 附・古材 1540点(奈良県奈良市)
・唐招提寺金堂 附・古材 11点(奈良県奈良市)
・唐招提寺講堂 附・古材 53点(奈良県奈良市)
・唐招提寺鼓楼 附・古材 21点(奈良県奈良市)
・唐招提寺宝蔵 附・古材 4点(奈良県奈良市)
・唐招提寺経蔵 附・古材 9点(奈良県奈良市)

【重要文化財(追加指定)】
・旧千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町)宅地の内 便所(岩手県遠野市)
・幡頭神社 2棟 境内社熊野社本殿、境内社神明社本殿(愛知県西尾市)
・不動寺本堂 1棟 背面突出部、礼堂、附・厨子及び須弥壇(滋賀県大津市)

 今回も順当な答申といった感じですね。これまでの流れ通り、近代灯台の重文指定が進められています。また修理が終わった薬師寺の東塔や唐招提寺の国宝堂宇では、修理の際に再利用できず新材に取り換えられた古材が附けたりとして追加指定されています。

 新指定で目を引くのが吉野山に鎮座する吉野神宮。近代神社の造営に携わった角南隆(すなみたかし)の初期作です。平安神宮、明治神宮に続き、今後も近代神社社殿群の重文指定は続いていくのではないかと思います。

 国の名勝に指定されている耶馬渓に架かる耶馬渓橋は、観光促進を図るべく大正時代に築かれたもので、石橋としては日本一の長さ。近世より培われてきた石橋の技術を遺憾なく発揮しており、現在も耶馬渓のシンボル的な存在として親しまれています。

 以上です。6月17日の文化審議会では「史跡等の指定について」の答申がありました。こちらも後ほど記事を作成したいと思います。

posted by きむら at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189709639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック