2021年12月18日

【文化審議会答申】史跡等の指定等について


 昨日、12月17日(金)の文化審議会において、「史跡等の指定等」の答申がありました。内容は以下の通りです。

《史跡》
・三戸城跡【青森県三戸郡三戸町】
・柏木城跡【福島県耶麻郡北塩原村】
・八代海干拓遺跡【熊本県八代市】

《名勝》
・徳佐(サクラ)【山口県山口市】

《天然記念物》
・礼文島桃岩一帯の高山植物群落【青森県礼文郡礼文町】
・アケボノゾウ化石多賀標本【滋賀県犬上郡多賀町】
・東峰村の阿蘇4火砕流堆積物及び埋没樹木【岡山県朝倉郡東峰村】

《登録記念物(名勝地関係)》
・鍋山(南屏峡)【大分県豊後高田市】

《史跡の追加指定及び名称変更》
・田和山・神後田遺跡【島根県松江市】(田和山遺跡に神後田遺跡を追加する)

《重要文化的景観の追加選定及び名称変更》
・五島列島における瀬戸を介した久賀島及び奈留島の集落景観【長崎県五島市】(久賀島全域に奈留島の大串集落及び江上集落並びに周辺海域を追加する)

 新指定文化財の中で特に興味深いのは「八代海干拓遺跡」でしょうか。明治後期から昭和初期に築かれた潮受け堤防と樋門から成り、八代海における干拓の歴史および近世から近代に至る干拓技術の発展を物語ります。

 今回史跡になる干拓施設群のうち、明治期に煉瓦造と石造で築かれた旧郡築新地甲号樋門は重要文化財にも指定されており、またコンクリートが普及した昭和初期にあえて石造で築かれた郡築二番町樋門は国登録有形文化財です。

 重要文化的景観(以下重文景)の新規選定はありませんでしたが、既選定の「久賀島の文化的景観」に奈留島北西部とその周辺海域が追加され、「五島列島における瀬戸を介した久賀島及び奈留島の集落景観」という名称に変更されました。

 長崎県では『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』を世界遺産に推薦するにあたり、その前提条件にあたる各集落の法的な保存担保措置として重文景の選定が進められてきました。唯一、奈留島の江上集落だけは重文景に選定されておらず、江上天主堂の重要文化財指定の土地範囲、および五島市景観計画の景観重要地区を策定するのみで、集落の保存措置としては完全なものではありませんでした。


奈留島の江上集落にある江上天主堂(重要文化財)

 今回の追加選定では、奈留島北西部の大串集落(古来からの仏教徒集落)と江上集落(潜伏キリシタン集落)を、瀬戸を隔てて隣接する久賀島の仏教集落群・潜伏キリシタン集落群と一体の文化的景観として評価することで、江上集落を含む範囲の追加選定が実現しました。これで江上集落も国レベルの高度な保存担保措置が完了したことになります。

 さて、今回はコロナ禍の影響で全国的に調査があまり進まなかったのか、新指定の件数がなんだか寂しいなぁという印象です。毎回おなじみの四国遍路の追加指定もありませんでしたし。来年の文化審議会は1月の民俗文化財、3月の登録有形文化財、6月の史跡等と続きます。今後も様々な文化財が誕生すると良いですね。楽しみです。

posted by きむら at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189210516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック