2021年11月21日

【文化審議会答申】国宝・重要文化財(建造物)の指定について


 11月19日(金)に開催された文化審議会において、「国宝・重要文化財(建造物)の指定について」および「登録有形文化財(建造物)の登録について」の答申がありました。内容は以下の通りです。

【国宝】
・霧島神宮本殿・幣殿・拝殿 1棟(鹿児島県霧島市)

【重要文化財】
・旧三井銀行小樽支店 2棟 本館、附属屋(北海道小樽市)
・ニッカウヰスキー余市蒸留所施設 10棟 事務所棟、蒸留棟、貯蔵棟、リキュール工場、第一乾燥塔、第二乾燥塔、研究室・居宅、旧事務所、第一貯蔵庫、第二貯蔵庫(北海道余市郡余市町)
・上野家住宅(山梨県山梨市東) 5棟 主屋、文庫蔵、質蔵、穀蔵、表門(山梨県山梨市)
・京都ハリストス正教会生神女幅員聖堂 1棟(京都府京都市)
・江埼灯台 1基(兵庫県淡路市)
・美保関灯台 3棟 灯台、旧官吏員退息所、旧第一物置(島根県松江市)
・出雲日御埼灯台 1基(島根県出雲市)
・香川県庁舎旧本館及び東館 1棟(香川県高松市)
・若戸大橋 1基(福岡県北九州市)
・鹿児島神宮 3棟 本殿及び拝殿、勅使殿、摂社四所神社本殿(鹿児島県霧島市)

 近年における国宝建造物の指定は、まだ一件も国宝建造物が存在しない県からの指定を進めるという方針できており、今回もまたその流れを汲んで、鹿児島県から「霧島神宮」が県内初の国宝建造物になります。

 鹿児島県は先月の九州旅行で行ってきたばかりだったのですが、早くも再び行かねばならぬ理由ができました。いつも桜島から鹿児島市にフェリーで渡ってしまうので、霧島の辺りは一度も行ったことがないんですよね。

 重文指定の筆頭は「ニッカウヰスキー余市蒸留所施設」。昭和初期に築かれた施設群で、ウイスキーの蒸留所として初の重文となります。私は2015年に訪れましたが、蒸留所の一帯だけまるで空間が切り取られているかのような、実に素晴らしい雰囲気でした。創建当初の建物がまとまって残っており、重文になるべくしてなった施設だと思います。


正門を兼ねる事務所棟は、まるで西洋城郭のよう


石壁に赤い屋根の建物が連なっており、統一感ある景観を作っています

 余市蒸留所については、デイリーポータルZの記事にもしていますので、詳しくはこちらをご覧ください。→「余市蒸留所の異次元っぷりに驚いた

 昨年より、明治初頭に築かれたブラントン灯台の重文指定が続いていましたが、今回もまたブラントン灯台の「江埼灯台」が重文になります。さらには明治中期に日本人技術者によって築かれた「美保関灯台」および「出雲日御埼灯台」も重文となり、灯台の文化財としての厚みがより増した感じですね。

 今年の春には丹下健三の代表作である「代々木競技場」が重文指定の答申を受けていますが、今回もまた同氏が手掛けた「香川県庁舎旧本館及び東館」が重文に。また去年は長大橋の先駆けである「西海橋」が重文になりましたが、今回はその発展形といえる「若戸大橋」が重文に。

 今回の答申は、明治灯台、丹下建築、長大橋と、全体的に去年からの流れがそのままきているという感じの印象でした。個人的には重要伝統的建造物群保存地区の選定がなくて残念です。

 例年は10月の第三金曜日が建造物の答申で、11月の第三金曜日が史跡等の答申なのですが、今年は新設の無形登録文化財および美術工芸品の答申が10月に組み込まれたので、建造物が11月にズレたようです。となると史跡等の答申は12月17日(金)でしょうか。楽しみですね。

posted by きむら at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189150115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック