2021年01月15日

【文化審議会答申】重要有形民俗文化財の指定等について


 2021年1月15日(金)に開催された文化審議会で「重要有形民俗文化財の指定等」の答申がありました。内容は以下の通りです。

《重要有形民俗文化財の指定》
・上尾の摘田・畑作用具【埼玉県上尾市】

《重要無形民俗文化財の指定》
・放生津八幡宮祭の曳山・築山行事【富山県射水市】
・寒水の掛踊 【岐阜県郡上市】
・阿波晩茶の製造技術【徳島県勝浦郡上勝町、那賀郡那賀町、海部郡美波町】
・対馬の盆踊【長崎県対馬市】
・野原八幡宮風流【熊本県荒尾市】

《登録有形民俗文化財の登録》
・高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料【和歌山県伊都郡高野町】
・鞆の鍛冶用具及び製品【広島県福山市】

《記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択》
・用瀬の流しびな 【鳥取県鳥取市用瀬町】
・松江のホーランエンヤ【島根県松江市】

 日本の稲作は種から育てた苗を水田に植える「植田(うえた)」が一般的ですが、かつては水田に直接種を蒔く直播き栽培も行われており、関東地方では「摘田(つみた)」と呼ばれていました。明治以降、農業技術の発展によって摘田は衰退しましたが、埼玉県の上尾市では遅くまで摘田が行われており、その農業用具が残っているとのことです。

 個人的に気になるのは山深い四国山地の村々に継承されている「阿波晩茶の製造技術」です。平成30年(2018年)に記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選ばれ、今回の答申で重要無形民俗文化財に格上げされました。茶葉を乳酸発酵させたお茶とのことで、酸味があって普通の緑茶とは全然違う独特の風味なのだそうです。今度四国に行ったら探してみよう。

 瀬戸内海の中央部、古代より潮待ちの港として賑わった鞆からは、船具の鍛造で培われた鍛冶用具と製品が登録有形民俗文化財に。明治以降は陸運の発展により廻船業は衰退しましたが、その鍛冶の技術は鉄鋼業へと受け継がれ近代における鞆の産業を支えていきました。


今もなお江戸時代の風情を残す鞆の浦

 他にも華やかな曳山や風流などが目を引きます。去年からの新型コロナウイルスの影響により、どれだけの伝統行事が中止になったのかという心配はありますが、昔から連綿と続いてきた数多の無形文化財、この困難を見事乗り越え、将来へと受け継がれていくことでしょう。

posted by きむら at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188311071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック