2018年04月24日

新調テントのお試しキャンプ


 5月の長崎旅行を前にテントを新調しましたので、4月21日(土)から22日(日)にかけて設営や居住感を試しにキャンプしてきました。まずはいつも通り、愛川町の田代運動公園に向かったのですが……。


週末ということあって、死ぬほど混んでおり断念

 写真は22日の午前9時の様子。テントを撤収して帰る人が出てくる時間なのにも関わらずこの混みよう。前日の14時頃に到着した時はもっと混雑していて入り込む余地がありませんでした。

 しょうがないので愛川町では肉(もちろん足立原商店の白モツと牛カルビ)と酒だけ購入し、宮ケ瀬ダムを越えて道志みちの入口にある新戸キャンプ場に向かいました。物凄く狭いローカルな路地の奥、農家の庭先が受付という道志川岸のキャンプ場なのですが、こちらもまた物凄い人の数。15時の到着にも関わらずテントサイトは満杯で、かなり途方に暮れました。


川向かいのキャンプ場もテントだらけで混雑していた

 とりあえず買い出しに行ってから戻ってみると、デイキャンプの人が撤退したのか空きができており、そこになんとか設営。それでようやく一息つけた感じです。


これまで使っていたテント、ノースフェイスのマイカ1

 マイカは登山用品店で買ったテントで非常に軽く(なんと1.27kg!)、これまでの旅行で愛用していたのですが、長年の使用により底に穴が開いてしまい、雨水が染みてきてしまう状態でした。また防水の為のポリウレタンコーティングが経年劣化によりポロポロとはがれてきてしまっており、まさに寿命を迎えた感じです。

 そこでまたマイカを買おうと思っていたのですが、現行のものは本体が全面メッシュになってしまっており、なんだかなぁという感じ。値段も決して安くはないので、思い切って別のテントを新調することにしました。


こちらが新しいテント、モンベルのムーンライト1型

 雨の多い日本の気候に適したテントとの触れ込みで、その名の通り月明かりでも手早く設営できるとのこと。前庭があって靴をテントの外に置けるのも良さそうなので購入しました。重量も2.1kgとまぁまぁ軽く、値段もそこそこ手ごろ。

 実際に設営してみると、フレームががっしりしていて頼りがいがあり、設営はマイカほどの手軽さはないものの確かに簡単。思っていたより内部空間が広くて良い感じ。ただしペグが打てない場所ではフライシートがバタバタしそう。入口が横ではなくて正面にあるので、這って出入りするのがちょっと面倒かな。でもまぁ、そのあたりは慣れていくことでしょう。


お酒は愛川町の大矢孝酒造「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」

 いつも通りの白コロ&カルビをビールで堪能した後、日が落ちて涼しくなってきてから頂いたこのお酒。口に含むと風味が香り、後味はスッキリとした辛口。あまり飲んだことのないタイプの日本酒で新鮮でした。次は赤ラベルの純米吟醸を試してみようかな。

 これは余談ですが、日本酒の後はワインに移り、気が付いたらテントの中で寝ていました。しかし目を覚ましたらなぜか左膝をすりむいていて、なおかつ左手の親指崎に大きな血豆ができていました。微かに残る記憶では、河原の岩場を歩いていて躓いて転び、そこから抜け出そうともがいていたような気がします。何をどうして岩場に向かったのか、どうやってテントに戻ったのかは一切不明。帰ってから冷静に考えてみると、意識がないまま河原に出たという事実に恐怖を覚えました。一歩間違えてたら川に流されて死んでいたワケで。今度の旅行では酒を少し控えようと思います。イヤ、ホント。

posted by きむら at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183069646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック