2018年04月18日

2018年「新指定国宝・重要文化財」展


 毎年恒例、前年度に国宝や重要文化財になった品々が東京国立博物館に集結する新指定展が4月17日より始まりましたので、上野まで足を運んでみました。特別展ではありませんので、チケットは常設展用(620円)のでOK。



 今年の新指定展は本館8室と11室に展示が分かれています。本館入ってすぐ右手の11室には仏像の類が、それ以外は二階西側の8室といった具合です。結構離れた位置にあるので、常設展と併せてゆっくり周るのが良いでしょう。



 東博の常設展は写真撮影OKなものが多いのですが、新指定展においては全て撮影NGなので気を付けましょう。係の人がかなり厳しく目を光らせており、事情を知らない外国人が他の部屋と同じように写真を撮ろうとして注意される光景を何度も見ました。カメラを持ってる場合はレンズキャップをはめておいた方が良いでしょう。

 気になるのはやはり5件の新指定国宝です。そのうち興福寺の四天王立像は残念ながらパネル展示でしたので、実物を拝観できるのは4件です。

 11室の最奥に堂々と立っているのは、三十三間堂こと蓮華王院本堂の「木造千手観音立像」。国宝になった1001躯のうち、湛慶作のものを中心に3躯が展示されています。以前に三十三間堂で見た時は密集している為か一体一体がもっと小さい印象でしたが、実際に目の当たりにしてみるとこれが意外なほど大きな像。これが1001躯も林立しているのですから凄まじいものです。

 残りの国宝3件はすべて二階の8室に展示されています。「紙本著色日月四季山水図」は荒波や四季の山々に太陽と月が浮かぶ室町時代の屏風絵で、ダイナミックな画風に細やかな彩色が独特の迫力をもたらしています。「紺紙金字大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)」は世界に現存する最古の高麗写経で、南北朝時代以前に日本に伝来。美しい藍染の紺色紙に、これまた美しい金字の経文が記されています。

 個人的に最も見たかったのが、琵琶湖北岸の菅浦に伝わる「菅浦文書(千二百八十一通)」および「菅浦与大浦下庄堺絵図」です。菅浦は中世より独自の掟で自治を行ってきた集落で、「菅浦文書」はその中世から近世の記録……なのですが、展示は一枚だけで「ふーん」といった感じ。しかしながら、並んで展示してある「菅浦与大浦下庄堺絵図」は見た目に分かりやすく必見です。菅浦に隣接する大浦との境界争いの際に作られた絵図なのですが、肝心の集落よりも南に聳える竹生島が非常に大きく立派に描かれており、竹生島の管轄下にあった菅浦集落の実態がよく分かります。



 というワケで2018年新指定展、常設展と共に堪能してきました。改めて思うのが、たった620円で国宝や重文を含む膨大な量の文化財を見ることができる東京国立博物館は実に素晴らしい施設であるということ。新指定展は5月6日までやっていますので、ゴールデンウィークにでもぜひ足を運んでみてください。本館北側の庭園も5月20日まで開放されていますので、まさに東博を満喫するには今、ですな。

posted by きむら at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183014918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック