2018年04月15日

5月に長崎県へ旅行に出ます


 私の中の長期旅行欲が限界に達したので、5月7日から31日にかけて、仕事を休んで旅行に出ることにしました。主要目的は長崎県です。

 私は2014年にリトルカブ(原付)で九州を一周しましたが、その時は日程が押していたこともあり、長崎県は島原半島だけしか見ることができませんでした。というワケで、今回は平戸から五島列島、長崎市と余すことなく長崎県を堪能したいと思います。

 長崎県にはキリスト教伝来よりキリシタンが多く、長崎市に聳える元治2年(1865年)建造の大浦天主堂(国宝)はその象徴ともいえる存在です。それ以外にも長崎県には明治から昭和初期にかけて築かれた教会堂が数多く現存しており、そのうち文化財指定されているものを中心に見に行こうと思っています。

 ただ、これらの教会堂を含む集落は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産を目指しており、現在は訪問するのに事前予約が必要となっています。日程がかなり縛られてしまうので、スケジュール管理がなかなか大変な感じになりそう。5月の頭にあるであろうICOMOSの勧告によっては混雑も予想されます。とはいえGWは終わってますし、五島列島はそう手軽に行ける場所でもないので、私の旅行にはあまりが影響ないかもしれませんが(そうであることを祈りたい)。

 長崎市では大浦天主堂以外にも東山手・南山手の町並み、国宝建造物を持つ崇福寺、出島や端島(軍艦島)といった史跡も見に行きたいですね。その後は島原半島に再訪したいと思っています。くま屋の「とり弁当」を食べるのだ(参考記事→DPZ「島原半島の棚田と段畑が凄い、あとトリ弁当がうまい」)。余裕があれば最近重要文化的景観に選定された阿蘇地域にも行きたいなぁ。――と、地図を眺めながら今からワクワクしております。

posted by きむら at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182984947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック