2018年03月10日

国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定


3月9日(金)に開催された文化審議会で「国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について」の答申がありました(→文化庁サイト)。内容は以下の通りです。

【国宝(美術工芸品)の指定】
・紙本著色日月四季山水図[金剛寺/大阪府河内長野市]
・木造千手観音立像(蓮華王院本堂安置)[妙法院/京都府京都市]
・木造四天王立像[宗教法人興福寺/奈良県奈良市]
・紺紙金字大宝 積経 巻第三十二(高麗国金字大蔵経)[国立文化財機構/東京都台東区]
・菅浦文書(千二百八十一通),菅浦与大浦下庄堺絵図[須賀神社/滋賀県長浜市]

【重要文化財(美術工芸品)の指定】
多いので省略

今回は5件のも文化財が国宝になります。個人的に気になるものをかいつまんでご紹介。

中でも著名なのは、三十三間堂として知られる蓮華王院本堂の「木造千手観音立像」。建物自体は既に国宝ですが、今回は堂内に安置されている平安時代および鎌倉時代の千手観音菩薩像が国宝になります。ズラリと並ぶ1001躯の観音像は迫力満点で、むしろ今まで国宝でなかったのが不思議なほど。45年にもおよぶ保存修理が完了したとのことで、それを契機として重要文化財から国宝に昇格です。

数多くの国宝を有する奈良興福寺。長らく中金堂に安置されていた「木造四天王立像」は鎌倉時代の仏像で、本来は南円堂の像として作られたことが判明しています。そこで再び南円堂に戻されることとなり、それを契機として南円堂に祀られている他の国宝仏像と肩を並べるべく国宝に。

「菅浦文書」及び「菅浦与大浦下庄堺絵図」は、琵琶湖の北岸に突き出た葛籠尾崎に位置する菅浦集落の動向を記した鎌倉時代から江戸時代にかけての記録です。菅浦は中世の荘園にルーツを持つ集落で、「惣(そう)」と呼ばれる独自の自治形態により治められてきました。現在も昔からの集落形態を維持していることから、集落全体が「菅浦の湖岸集落景観」として国の重要文化的景観に選定されています。その菅浦に伝わる一連の文書および絵図は、中世村落史研究上極めて重要であることから国宝に指定されます。

重要文化財の指定では、様々な野菜で描かれたユニークな涅槃図である「紙本墨画果蔬涅槃図 伊藤若冲筆」や、特別史跡であるキトラ古墳の壁画及び出土品など気になるものも多々あります。特にキトラ古墳壁画は高松塚古墳の壁画と同様、今後国宝になりそうな感じがしますね。

次回の文化財指定は5月中旬(18日(金)かな?)、国宝・重要文化財の指定(建造物)と重要伝統的建造物群保存地区の選定です。楽しみです。

posted by きむら at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182634567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック