2021年05月23日

【文化審議会答申】重要文化財(建造物)の指定および重伝建の選定について


 5月21日(金)に開催された文化審議会において、「重要文化財(建造物)の指定について」および「重要伝統的建造物群保存地区の選定について」の答申がありました。内容は以下の通りです。

【重要文化財】
・木村産業研究所 1棟(青森県弘前市)
・代々木競技場 2棟 第一体育館、第二体育館(東京都渋谷区)
・御前埼灯台 1基、1棟 灯台、旧官舎(静岡県御前崎市)
・長命寺 2棟 三仏堂、護法権現社拝殿(滋賀県近江八幡市)
・第一大戸川橋梁 1基(滋賀県甲賀市)
・旧松坂屋大阪店 1棟(大阪府大阪市)
・旧西脇尋常高等学校 3棟 第一校舎、第二校舎、第三校舎(兵庫県西脇市)

【重要伝統的建造物群保存地区】
・南越前町今庄宿(福井県南条郡南越前町)
・若桜町若狭(鳥取県谷津軍若桜町)
・廿日市市宮島町(広島県廿日市市)

 モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエに師事した前川國男が、帰国後最初に築いた「木村産業研究所」が重文に。日本に現存する最古のモダニズム建築として建築史上重要な作品です。

 前川國男に続き、戦後を代表する建築家である丹下健三が手掛けた「代々木競技場 第一・第二体育館」も重文に。氏の作品としては「広島平和記念資料館」に続く2例目です。昭和39年(1964年)の東京オリンピックの際に築かれた大規模建築で、ワイヤーで天井を吊り下げて広大な空間を作り出しているのが特徴です。戦後期の日本建築における最高傑作と名高く、世界遺産を目指そうという動きもあるようです。

 去年「犬吠埼灯台」など明治初頭にお雇い外国人のリチャード・ブラントンによって設置された4基の灯台が重文になりましたが、今回もまた「御前埼灯台」が重文に。この流れは今後も続き、当初の姿をとどめるブラントン灯台の重文化が進められていくのでしょう。


現在は灯台としての役目を終え、内部の見学もできる「御前埼灯台」

 木造校舎が好きな身としては「旧西脇尋常高等学校」も気になります。昭和初期の木造校舎が3棟連結された貴重な校舎群で、現役で使用されている小学校の校舎としては愛媛県の「日土小学校 中校舎」、和歌山県の「旧高野口尋常高等小学校校舎」に次ぐ3例目です。

 重伝建の新選定は、北陸道の宿場町であった「南越前町今庄宿」、鬼ヶ城の城下町を起源とする山間の商家町「若桜町若狭」、厳島神社の門前町である「廿日市市宮島町」の3件。いずれも以前より選定に向けての動きが見られた地区ですが、中でも宮島町はかなり前から手続きが進められていたので、ようやくかといった印象です。


厳島神社を取り囲む「宮島町」のうち東町の「町家通り」


こちらは厳島神社から大聖院へと続く「西町」の町並み

 東町は海岸に沿って弓なりに続く路地に町家が並び、西町は厳島神社の附属寺院である大聖院や大願寺、社家などを中心に土塀や石垣が続く落ち着いたたたずまい。通りによって町並みの表情が異なるのが特徴的です。

 今回の重文指定は少なめですが、やはりコロナ禍の影響により調査に遅れが出ているとのことです。次の文化財答申は、例年通りであれば6月18日(金)に史跡等指定ですね。楽しみです。

posted by きむら at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財