2019年05月27日

【文化審議会答申】国宝・重要文化財(建造物)の指定について


 先日、沖縄から戻ってきました。主目的であった大東島をはじめ、とても収穫の大きい取材旅行だったと思います。今後、少しずつ記事化していきたいと思います。

 さて、そんなさなかの2018年5月17日(金)に開催された文化審議会において「国宝・重要文化財(建造物)の指定について」の答申がありました(→文化庁サイト)。内容は以下の通りです。

【国宝】
・旧開智学校校舎(長野県松本市)

【重要文化財】
・旧柏倉家住宅(山形県東村山郡中山町)
・旧山崎家別邸(埼玉県川越市)
・永平寺 仏殿、法堂、山門、中雀門、僧堂、大庫院、大光明蔵、監院寮、回廊(5棟)、承陽殿本殿及び拝殿、承陽門、経蔵、松平家廟所門、舎利殿及び祠堂殿、勅使門(福井県吉田郡永平寺町)
・早川家住宅 主屋、裏座敷、洋館、辰巳庫、下男部屋、辰巳隅職人部屋、飯米蔵、西ノ庫、土地(岐阜県海津市)
・真宗本廟東本願寺 御影堂、阿弥陀堂、御影堂門、阿弥陀堂門、鐘楼、手水屋形(京都府京都市)
・根来寺 大伝法堂、光明真言殿、大門、不動堂、行者堂、聖天堂(和歌山県岩出市)

【重要文化財(追加指定)】
・旧西尾家住宅 外塀、内塀(大阪府吹田市)
・福田家住宅 上の蔵、下の蔵、土地(鳥取県鳥取市)

 松本城の北側に位置する旧開智学校が国宝指定です。明治9年(1876年)に建てられた擬洋風建築で、西洋文化を受け入れ始めた黎明期の代表例として重要かつ、近代教育の始まりとしても歴史的な価値が高い建築です。


八角形の塔や、車寄せの装飾が印象的な「旧開智学校校舎」

 近年は国宝建築を持たない県から国宝が選ばれることが多いのですが、今回は国宝の多い長野県から。とはいえ、これまで国宝になかった明治初期における擬洋風の近代学校建築ということで、その指定には大いに納得です。

 国宝近代建築の厚みが徐々に増していってる感じで、今後も近代建築評価の流れは続いていきそうですね。次に国宝になる近代建築の私の予想は、ズバリ、新一万円札の絵柄にもなる「東京駅丸ノ内駅舎」! さてはて、どうでしょうか。

 重文では、永平寺、東本願寺、根来寺といった大寺院が目を引きます。いずれも幕末から近代にかけて整えられた伽藍で、ようやく重文になるのかって感じですね。特に明治28年(1895年)に再建された東本願寺の御影堂や阿弥陀堂は木造仏堂としては最大規模で、まだ重文でなかったのが不思議なくらい。

 残念ながら今回は重要伝統的建造物群保存地区の選定はなし。次の文化財答申は、来月中旬の史跡等指定ですね。楽しみです。

posted by きむら at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2019年05月11日

旅行における同人誌販売の一時停止について


 5月13日から沖縄に行ってきます。主目的は北大東島です。沖縄は本州よりも梅雨入りが早く、しかも雨風の影響を受けやすい離島にこの時期行くのはなかなか無謀な感じもしますが(沖縄の梅雨入りが5月中旬頃と知ったのは航空券を買った後でした……)、スケジュール通りに帰って来れるよう祈りながら行ってきます。

 つきましては、家を離れて発送処理ができなくなるため、本日より同人誌の販売を一時停止させて頂きます。再開は5月23日の予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

【追記】
 無事旅行から帰ってまいりました。現在は販売を再開していますので、どうぞご利用ください。

posted by きむら at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌