2019年02月01日

大船散策〜「玉縄城」と「田谷の洞窟」


 今年も時間が過ぎるのがあっという間で、もう2月になってしまいましたね。1月11日に大船の「玉縄城」と「田谷の洞窟」を見てきましたので、今更ながらそのレポートです。

 玉縄城は戦国時代に北条早雲こと伊勢宗瑞が三浦氏討伐の前線基地として築いた城で、JR東海道線の大船駅から西にいったところにあります。極めて壮大な縄張りを持つ平山城ですが、残念ながら現在は大部分が宅地開発されており、本丸に至っては清泉女学院の敷地になっていて無断で立ち入ると逮捕されます。通常見ることができる遺構は、七曲坂と呼ばれる登城道の周囲だけです。



 七曲坂の途中には冠木門が構えられていて城っぽい雰囲気を醸していますが、当時の道とは多少のズレがあるようですね。坂を登り切ったところには虎口の跡が残っており、その隣に位置する太鼓櫓跡の平場がちょっとした緑地公園として整備されています。



 太鼓櫓跡の下には焔硝蔵跡の平場や堀切も残っており、太鼓櫓跡から見下ろすことができます。焔硝蔵跡は今はまだ立ち入りできませんが、どうやら整備が進められているようなので、そのうち公開されるかもしれません。



 玉縄城のある玉縄地区の入口には龍宝寺というお寺があります。玉縄城の三代城主であった北条綱成が創建した寺院にルーツを持ち、豊臣秀吉の小田原征伐の際には龍宝寺の住職が城主を説得して無血開城したと伝わっています。



 龍宝寺の境内にある歴史民俗資料館では玉縄城の模型が展示されており、在りし日の玉縄城の姿を目にすることができます。谷戸が複雑に入り組んだ丘陵をうまく利用していることが見て取れますね。



 また歴史民俗資料館の裏手には江戸時代中期の元禄年間に築かれた旧石井家住宅が移築保存されています。元は玉縄の北隣に位置する関谷村にあった名主の家で、神奈川県に残る伝統的な農家建築の典型例として国の重要文化財に指定されています。



 玉縄城について調べるまで、ここに重要文化財の古民家があったとは全く知りませんでした。外観こそ地味ですが、曲がりくねった木材をうまく利用した梁に目を見張りました。一見の価値ありです。



 とまぁ、玉縄地区の散策がなかなか楽しかったので、TravelJPに記事を書きました。

北条早雲が築いた名城〜鎌倉「玉縄城跡」に残る遺構と古民家

よろしければご覧ください。

 玉縄城の後には、北側の田谷地区にある定泉寺に行きました。GoogleMapに「瑜伽洞(田谷の洞窟)」と記されており、前々から気になっていたのです。玉縄城のついでという感じで何気なく立ち寄ったのですが、これが予想よりも遥かに凄かった!



 内部は撮影禁止なので文字のみでの説明となり恐縮ですが、立体的に入り組んだ通路や要所要所に点在する部屋に様々な仏像、西国三十三所・坂東三十三箇所・秩父三十四箇所・四国八十八箇所の各霊場の本尊や曼荼羅がびっしり刻まれているのです。この洞窟ですべての霊場に参詣したのと同じご利益を得るという趣旨なのでしょうね。

 まさに修行の人工洞窟といった雰囲気の一方、最後には水が湧き出す部屋に弘法大師が鎮座していたりと、エンターテインメント性も併せ持っているというような印象を受けました。この洞窟は鎌倉時代にルーツを持つといいますが、今に見られる姿になったのは霊場参詣が流行した江戸時代中期以降、おそらくは洞内の湧き水を灌漑に利用するために洞窟の開削が行われたという江戸時代後期の天保年間に完成したのではないかと思います。極めて独特な信仰霊場として必見ですよ。

posted by きむら at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行