2018年12月15日

コミックマーケット95頒布物のご紹介


 以前よりコミックマーケット95三日目に参加するとご報告しておりましたが、このたび頒布物が完成しましたので紹介させてください。世界遺産本と旅行本の二冊で、いずれも新刊です(初参加なんだから当たり前)。



・世界遺産マニアクスVol.1 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
 (B5サイズ、表紙込み76ページ)<イベント価格700円>

 今年世界遺産になった『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』を詳細に解説した本です。構成資産のひとつひとつをこれほど丁寧に書いた本は他にないでしょう、と自負できるくらいにマニアックな内容となっています。


クリックで拡大表示(実物より低解像度)

 地図は初めて購入したタブレットでセコセコ書きました。写真を多めに載せてあり、また取材時の体験などを記した「旅のコラム」もふんだんに盛り込んであり、読み物としてもご堪能いただけるかと思います。


クリックで拡大表示(実物より低解像度)

 ちなみに、もはやご存じの方は皆無かと思いますが、当サイトは開設当初「世界遺産マニアクス」という名前で、その名の通り世界遺産に関する情報を主に扱っていました。その後に「閑古鳥旅行社」に改名して現在は国内の文化財が主となっていますが、同人誌のシリーズ名として昔のサイト名を復活できて個人的に満足しています。

・フグを食べに下関へ行こう! 〜高校生ふたりのママチャリ旅行記〜
 (A5サイズ、表紙込み92ページ)<イベント価格300円>

 高校生の時に友達である「ケンちゃん」とふたりで下関まで行った旅行記――をもとにしたフィクション(とさせてください)。神奈川県の綾瀬市から本州最西端の下関まで、ギアすらついていないママチャリ&全日程野宿で行くという、若さにすべてを任せた強行軍でした。「私」と「ケンちゃん」のふたりの視点で交互に書かれた日記形式です。


クリックで拡大表示(実物より低解像度)

 実はこれ、私が初めて作ったウェブサイトに載せていた文章を、20年後の今になってリライトしたものだったりします。当時の私が書いた文章をベースとしているだけに、若々しくも痛々しい、ある種の黒歴史ではあるのですが、私の旅行歴&文筆歴の原点ともいうべき大事な存在です。


クリックで拡大表示(実物より低解像度)

 ――というカンジです。どちらもがんばって作成しましたので、どうぞよろしくお願いします。参加日は2018年12月31日の大晦日、会場は東京国際展示場 (東京ビッグサイト)、配置は「西地区"け"ブロック30a」です(→詳細図)。


posted by きむら at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌