2012年07月16日

サンティアゴ巡礼路を歩いてきました


先日、日本に帰国しました。フランスの「ル・ピュイ・アン・ヴレ」からスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」まで約1600km、「ル・ピュイの道(フランス)」と「フランス人の道(スペイン)」をなんとか歩き切る事ができました。実に72日に及んだ私のサンティアゴ巡礼、思い返してみると、朝6時に起きて夜9時には寝る健康的な日々、中世から残る文化財に囲まれた毎日、いやぁ、素晴らしく充実した毎日でした。


「ル・ピュイの道」序盤、ひたすら続くオーブラックの牧場(昔は荒野で、巡礼路の難所だったそうです)は、雪解けの季節で足元ぐちゃぐちゃ、泥なのか牛のアレなのか分からない中、足を取られつつ歩きました。


フランスの「ル・ピュイの道」はスペインの「フランス人の道」よりも険しく、中盤までは山を越えてはまた山を越え、の繰り返し。しかし、その景色は素晴らしく、山を越えた先には美しい町並みが待っていたりして、とても楽しかったです。


延々と続く森林地帯。苔むした石垣がその歴史を物語っており、ずっとわくわくしっぱなしだったのを覚えています。


「ル・ピュイの道」後半は景色が一変。麦畑、ブドウ畑が増え、特に風になびく麦畑の景色は正直鳥肌モノ。


フランスは、特に町並みが美しいのが印象的でした。どの町も丁寧に手入れがなされ、玄関や窓にはバラでの花で縁取られ、とにかくかわいらしい。


そして数多くの教会。サンティアゴ巡礼は中世に盛んだったこともあり、ロマネスク様式の教会や橋があちらこちらにゴロゴロしています。ロマネスク様式が盛んに建てられたのは10世紀から12世紀。もう、気が遠くなるくらいの昔です。


しかし、やはりより強く印象に残ったのは巡礼路に架かる橋でした。元々私は橋好きという事もありますが、ホントカッコ良い橋が多いこと、多いこと。


モチロン、教会も良かったですが。大きな教会は回廊を持っており、この回廊から見る教会の建物がまた良いんですよね。

……とまぁ、なんだかんだで褒めちぎってますが、フランスは良い思い出しかないんですよね、これが。確かに道が険しかったり、同じ宿で亡くなった方がいたりと、大変だった事もありますが、しかし、うん、良かった。

写真も結構な枚数撮っており、このまま私のハードディスクに埋もれさせるのももったいないので、閑古鳥旅行社でサンティアゴ巡礼についての旅行記を書く事にしました。もしご興味を持たれた方がおりましたら、ご覧いだければ幸いです。

また、今月下旬よりデイリーポータルZでの連載も再開させていただく事になりました。その際にもサンティアゴ巡礼について、二回に分けて書く予定ですので(あまりに内容が膨大になりそうだったので、お願いしてフランス編、スペイン編に分けていただきました)、ご覧いただければ幸いです。


posted by きむら at 23:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | 旅行