2011年12月15日

5年越しのフルーチェ自作


私がまだデイリーポータルZのライターになる以前の5年前、ブログに「フルーチェを自作したい」という記事を書きました。まぁ、その時は失敗に終わったのですが、お読み頂いた方々からたくさんのコメントをお寄せ頂き、フルーチェの自作に興味をお持ちの方は結構いるのだなぁ、と思った次第です。

私自身、この記事を書いた頃から、やっぱりちゃんとしたフルーチェの自作をやりたいなと思っていまして、そこで先週、ついに5年の歳月を越え、フルーチェの自作リベンジに踏み切りました。その模様はデイリーポータルZに「フルーチェ20種類を自作した」として書きましたので、まずはそちらをお読み頂ければと思います。


バナナや柿のペクチンを利用する方法も試しましたが、結局は精製されたLMペクチンパウダーに頼ってしまいました。バナナや柿を使うとなると、どうしてもそれぞれの味が残って自由にフレーバーを作れませんし、あとペクチンの量の調節が非常に難しいんですよ。


記事ではフレッシュフルーツを中心に、20種類のフレーバーを試してみたのですが、これがどれもこれもうまいんですよ。全くもってハズレが無いのです。まぁ、牛乳に合わない果物なんてそうありませんし、当たり前と言っちゃえば当たり前なんですけどね。


その中でも特に最高だったのがチョコレート。これ、ホント凄いですよ。フルーチェの食感とチョコレートの風味が素晴らしく合います。クリスマスはケーキよりこっちを食べるべきです。そのくらい、うまいのです。

あ、そうだ、全部うまいうまいと言ってますが、唯一、ダメだったものがあります。それがコーラ。クリスマスっぽいっかなと思い付きで試してみたのですが、これが全くもって固まらないし、見た目も良くないし、味もまずいわで散々でした。液体を混ぜるのはやめた方が良いです。


ちなみに、今回フルーチェを作って食べるのに、全部で3日かかりました。これまで、お菓子の食べ比べ記事は三回書いていますが(アメ噛みレビュー40理想のラッシー土佐名物、芋けんぴ食べ比べ)、今回が一番大変でしたね。

単純に数えても、製品のフルーチェ、バナナプリン、柿プリン、それとオリジナルフルーチェ20杯食べた事になりますし、他にもペクチンの適量を調べる実験を結構やってますし、あとオリジナルフルーチェも何度か失敗し、作り直したりしているんですよ。

結局、牛乳は4リットル使いましたし、摂取した砂糖の量を考えると……怖い、怖い。

posted by きむら at 11:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記