2019年02月11日

同人誌の通信販売を開始しました


 大変遅くなってしまい恐縮ですが、昨年末のコミックマーケット95で頒布していた同人誌二冊の通信販売をBOOTHにて開始しました→「閑古鳥旅行社の通信販売サイト−BOOTH」。

【世界遺産マニアクスVol.1 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産】

通信販売価格1000円(送料込み)

【フグを食べに下関へ行こう! 〜高校生ふたりのママチャリ旅行記〜】

通信販売価格500円(送料込み)

 いずれも在庫が無くなり次第、販売終了の予定です。どうぞよろしくお願いします。

posted by きむら at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2019年02月01日

大船散策〜「玉縄城」と「田谷の洞窟」


 今年も時間が過ぎるのがあっという間で、もう2月になってしまいましたね。1月11日に大船の「玉縄城」と「田谷の洞窟」を見てきましたので、今更ながらそのレポートです。

 玉縄城は戦国時代に北条早雲こと伊勢宗瑞が三浦氏討伐の前線基地として築いた城で、JR東海道線の大船駅から西にいったところにあります。極めて壮大な縄張りを持つ平山城ですが、残念ながら現在は大部分が宅地開発されており、本丸に至っては清泉女学院の敷地になっていて無断で立ち入ると逮捕されます。通常見ることができる遺構は、七曲坂と呼ばれる登城道の周囲だけです。



 七曲坂の途中には冠木門が構えられていて城っぽい雰囲気を醸していますが、当時の道とは多少のズレがあるようですね。坂を登り切ったところには虎口の跡が残っており、その隣に位置する太鼓櫓跡の平場がちょっとした緑地公園として整備されています。



 太鼓櫓跡の下には焔硝蔵跡の平場や堀切も残っており、太鼓櫓跡から見下ろすことができます。焔硝蔵跡は今はまだ立ち入りできませんが、どうやら整備が進められているようなので、そのうち公開されるかもしれません。



 玉縄城のある玉縄地区の入口には龍宝寺というお寺があります。玉縄城の三代城主であった北条綱成が創建した寺院にルーツを持ち、豊臣秀吉の小田原征伐の際には龍宝寺の住職が城主を説得して無血開城したと伝わっています。



 龍宝寺の境内にある歴史民俗資料館では玉縄城の模型が展示されており、在りし日の玉縄城の姿を目にすることができます。谷戸が複雑に入り組んだ丘陵をうまく利用していることが見て取れますね。



 また歴史民俗資料館の裏手には江戸時代中期の元禄年間に築かれた旧石井家住宅が移築保存されています。元は玉縄の北隣に位置する関谷村にあった名主の家で、神奈川県に残る伝統的な農家建築の典型例として国の重要文化財に指定されています。



 玉縄城について調べるまで、ここに重要文化財の古民家があったとは全く知りませんでした。外観こそ地味ですが、曲がりくねった木材をうまく利用した梁に目を見張りました。一見の価値ありです。



 とまぁ、玉縄地区の散策がなかなか楽しかったので、TravelJPに記事を書きました。

北条早雲が築いた名城〜鎌倉「玉縄城跡」に残る遺構と古民家

よろしければご覧ください。

 玉縄城の後には、北側の田谷地区にある定泉寺に行きました。GoogleMapに「瑜伽洞(田谷の洞窟)」と記されており、前々から気になっていたのです。玉縄城のついでという感じで何気なく立ち寄ったのですが、これが予想よりも遥かに凄かった!



 内部は撮影禁止なので文字のみでの説明となり恐縮ですが、立体的に入り組んだ通路や要所要所に点在する部屋に様々な仏像、西国三十三所・坂東三十三箇所・秩父三十四箇所・四国八十八箇所の各霊場の本尊や曼荼羅がびっしり刻まれているのです。この洞窟ですべての霊場に参詣したのと同じご利益を得るという趣旨なのでしょうね。

 まさに修行の人工洞窟といった雰囲気の一方、最後には水が湧き出す部屋に弘法大師が鎮座していたりと、エンターテインメント性も併せ持っているというような印象を受けました。この洞窟は鎌倉時代にルーツを持つといいますが、今に見られる姿になったのは霊場参詣が流行した江戸時代中期以降、おそらくは洞内の湧き水を灌漑に利用するために洞窟の開削が行われたという江戸時代後期の天保年間に完成したのではないかと思います。極めて独特な信仰霊場として必見ですよ。

posted by きむら at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2019年01月07日

去年の振り返り&今年の目標


 新年を迎え、今年も目標を立てようと思います。まずは去年のはじめに立てた活動予定を振り返ってみましょう。

・その1:四国八十八箇所霊場の旅行記を書き上げる! →達成!

 目標は去年度内の完結でしたが、結果的には9月の完結になりました。それにしても、2011年に行った遍路の旅行記がここまで延び延びになるとは自分でもビックリです。まぁ、完結できたのでヨシとしましょう。

・その2:長期旅行に出る! →達成!

 5月に3週間ほどリトルカブで長崎県を中心とする九州北部を旅行し、長崎県の文化財、および6月末に世界遺産になった『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の構成資産をすべて周ることができました。とりあえずの旅行欲は収まった……のですが、以来、またあまり遠出しておらず、再びフラストレーションがたまり気味です。

・その3:同人誌を作りたい! →達成!

 上記の旅行の成果として『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の全構成資産を網羅した同人誌、および20年前に友達とママチャリで下関まで行った時の旅行記を再編集した同人誌を12月31日のコミックマーケット95にて頒布することができました。大変満足しております。今後も継続的に同人誌を作っていきたいと思います。

・その4:このブログを活用! →微妙

 新文化財指定の情報や旅行報告など、以前よりは多少ブログを使う頻度が上がりましたが、まだまだ活用できているという感じはあまりしませんね。もっと頻繁に更新できたら良いのですが。

 とまぁ、概ね目標を達成でき、満足できた一年ではあったと思います。とはいえ反省点は多いので、それらを省みて、新たに今年の目標を立ててみました。

・サイトをきちんと更新

 四国遍路の旅行記を完結できたは良いのですが、それ以来サイトを更新できずに2018年が終わってしまいました。文化財の方も取材したまま放置されているものがありますので、それらの記事をきちんと更新していきたいと思います。

・小旅行の頻度を増やす

 去年は長崎旅行という大きな旅行がありましたが、それ以外はあまり遠出できなかったように思います。今年はもっと一日や二日といった小旅行に出たいですね。一ヶ月に一度……とはいかなくても、二ヶ月に一度くらいは。ブログを更新するネタにもなりますし。

・ライター業の拡充

 私はいちおうライターとして仕事をしてはいるのですが、ぶっちゃけ収入が少ないので副業をやっています。今年はもっと積極的にライター業の拡充を図り、収入の向上に努めたいと思います。がんばります。

・ため込まない

 今年の抱負です。ゴミをため込まない、やるべきことをため込まない、ストレスをため込まない。とにもかくにも今年は「ため込まない」をモットーに、てけてけと生きていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


posted by きむら at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記